« 「悼む人」 @PARCO劇場 | トップページ | 11/2 鳥山雄司 featuring 塩谷哲@YAMAHAホール 第1部 »

テソーミ教室

マーコさん(日笠雅水さん)のテソーミ教室行ってきました。

 手相は人を応援するもの
 自分を応援するもの

 人はほめられると心を開く

以前、マーコさんに手相を見ていただいたことがあり、そのときにすごく元気付けられたので、まずここで納得。

手相というのは「表に表れた頭脳」。
顔相、服装、筆跡などと違い、手相だけは隠したり飾ったりすることができない。また、手と耳と足には365のツボが集まっているので、体と心の情報が出てくるんですって。
その人の「人となり」が手に出ている。

手相と言っても線だけじゃなくて、丘(手のひらのふくらみ)、指の形、長さ、傷やほくろやささくれ、といったいろんなものが含まれるそうです。
手のひらが大地だとすると、真ん中の凹みが平原、泉。
周りのふくらみが丘。
そして、線は川、流れ。

それぞれの指の意味。
生命線、頭脳線、感情線、太陽線、財運線といった線が意味するもの。丘の意味。
そうしたいろんなお話を聞いてから、自分の手をじっくり見て観察してスケッチする。

そのあと、マーコさんにひとりひとり見てもらった。

私の手。
頭脳線がまっすぐで長い。(すごく長いって!)現実直視型。
会社に属しながら仕事のスペシャリストとしてやっていく(頭いいって!)

右手の生命線と頭脳線が離れている→じゃじゃ馬相
→思ったことをすぐに行動する。自由でいたい。

親指の第一関節に仏心紋(線が目みたいな形になってる)が出ている。
→集中力があり自分の思いを叶えていける。

太陽線がくっきりしてて明るい!

そして、年齢を重ねてらさらにどんどん自由になって楽しく生きていけるらしい(^ ^)
魂年齢(その人が生まれつき持っているもの)が19歳で、若いって(^ ^)

結婚相手にはまだ出逢ってないってf^_^;

自分の手相を見るというのは、自分と向き合うこと。
運勢のハンドルを握るのは自分。
自分を応援するともっと自分がよくなる。

左手を見て自分を振り返って、「よくがんばった」
右手を見て「さぁ、これからの自分」



マーコさんには、数ヶ月前に「お友達をふやす会」というのにも参加したのでお会いしたのですが
「あなた、知ってる!小股の切れ上がった江戸の白ネコちゃんだったわね」って、前にお会いしたときと同じことを言われたσ^_^;

今日も初めてお会いする人たちとお話しして、自分とはまったく違う他の方の手相も見せてもらって楽しかった。

そして、マーコさんにお会いすると、なんだかとっても元気になる。

ほぼ日のアーカイブにマーコさんのコンテンツがあるので、手相が気になる方、見てみてくださいね。
マーコさんのテソーミルーム ほぼ日出張所

|
|

« 「悼む人」 @PARCO劇場 | トップページ | 11/2 鳥山雄司 featuring 塩谷哲@YAMAHAホール 第1部 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144322/55985749

この記事へのトラックバック一覧です: テソーミ教室:

« 「悼む人」 @PARCO劇場 | トップページ | 11/2 鳥山雄司 featuring 塩谷哲@YAMAHAホール 第1部 »