« 「Preciousness」 | トップページ | 「鍵泥棒のメソッド」 »

「天地明察」

本日お休み。
まず、朝イチで「天地明察」を見る。

冲方丁さんの原作が好きなだけに、「むむ..??」というところもあるのだけれど、話が長いし登場人物も多いしね。映画化されるとこんなものか、というところも。
とはいえ、結末知ってるくせに京都での最終勝負はドキドキしたな。

それと、主人公の安井算哲の魅力は原作どおりかと。
史実に基づく話だけに、保科正之、水戸光圀をも惹きつける安井算哲という人はどんな人だったのかすごく気になる。

北極出地のふたりの師匠、笹野高史と岸部一徳、さらにちょっとしか出ない中井貴一の存在感ったら!脇を固める役者さんたちの豪華なこと。
さらに、市川猿之助演じる関孝和が「授時暦を斬れ!」と一喝し、算哲が「必至!」というシーンはイメージどおり!

岡田准一はいい。
役者として好き。

「SP」の時の精悍な雰囲気とはまた違い、このために格闘技の稽古も休み、終始何かに夢中になる少年のような穏やかな顔で算哲としてそこにいた。

さらに、碁を打つ指がきれいだった^_^

そして、算木ってどうやって使うのか興味津々。
原作とは違うけど、楽しめました。

|
|

« 「Preciousness」 | トップページ | 「鍵泥棒のメソッド」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144322/55927394

この記事へのトラックバック一覧です: 「天地明察」:

« 「Preciousness」 | トップページ | 「鍵泥棒のメソッド」 »