« 7/21 Solo Salt白寿ホールライブレポ | トップページ | 8/26(日)塩谷哲トリオ@Blue Note Tokyo »

8/25(土) 塩谷哲トリオ@Blue Note Tokyo

さぁ!トリオです。
待ってました。

今回もいろんな曲をやってくれましたよ。

= 1st Set =
・Mas Que Nada (Sergio Mendes)
・Delicious Breeze
・Jerash
・Wind & Leaf
・Storm Front
・Flying Shoes

= Enc =
・Let Loonve Lead Me

= 2nd Set =
・Delicious Breeze
・After Scent
・Deep Affection
・Let Love Lead Me
・Mr. D.F.
・Storm Front

= Enc =

・Mas Que Nada (Sergio Mendes)
・Here, There and Everywhere



トリオは久しぶりということですが、そんなことも感じさせないぐらい1曲目からガチッとはまってたと思います。

= 1st =
・Mas Que Nada (Sergio Mendes)
のっけから楽しそう。
そして、SALTさんの音楽になってる。
ゆるやかでいて前に転がるように流れる。
激しく行ったかと思うとスッと最初に戻る。その切り替えが自然でかっこいい。
 
・Delicious Breeze
さわやか。クールで熱い感じ。音がシャッキリ。
3人で中身がギュッと詰まった感じ。3人とも力抜けてて、演奏している姿が自然でステキだ。

・Jerash
遠くから聞こえてくるようなピアノの音。だんだんと近づいて来る。
ベースのメロディに受け継がれていく。
広くて大きい。一瞬、どこか遠くに連れて行かれた気分。

・Wind & Leaf
この曲好き!風が次第に強くなっていって葉っぱがくるくると舞う。
そして、きゅっと切なくなるような感じ。
風の動く、葉っぱの動きは一定でない。そのときそのときの一瞬でしかない。それをそのままこの演奏で映し出したかのよう。

・Storm Front
変拍子。この危なげな感じ。それすら楽しんでいる感じ。
ピアノを中心に3つの音が集まってはじけ、また新たな音が生む。
何かにぶつかっても屈することはなく、勢いが止まらない。

・Flying Shoes
この曲では、なんだか楽しすぎてうれしすぎて涙出てきた。

・Let Love Lead Me
おー、この曲やりますか。
このハーモニーの感じ、これがSALTさんなんだな。


= 2nd =
・Delicious Breeze
ピアノは余韻少なめですっきり、かっちりとした音。からっとしたさわやかな風。
ベースソロでは風の感じがやわらかく変わる。
山木さんのシンバルがいい音。SALTさんのピアノから、うれしい、楽しい光が飛んでいく感じ。

・After Scent
この曲好き。ひさしぶりかな。
ピアノの左手とシンバル、ベースがずっと跳ねる。
ピアノの音はいったんちょっと沈んでから跳ね返ってくる感じ。
ベースソロは高音と低音を瞬時に使い分け、まるでふたりの人がしゃべってるみたい。
ドラムのシンバルとハイハット、リムショットの音がいいっ。

・Deep Affection
ギュッ、と凝縮された深い思いがなにかのきっかけであふれてくるようだ。
ピアノの音はズシーンと深く、ぶれない。音が奥にしみこんでいきそうだ。
そしてじわーん、と広がる。

・Let Love Lead Me
静かなピアノのアドリブから。ベースのメロディからピアノのメロディへ。
ピアノはメロディを引き立たせるように、少しだけ音を足すぐらい。
メロディが美しい。それだけでグッとくる。

・Mr. D.F.
瞬間、瞬間のハーモニーの流れ。感情的な流れとはちょっと違う。
色の混ざり具合?光と影の変化?
都会で、たくさんの人と人がすれ違って一瞬だけ交わる感じ、かな。

・Storm Front
ドバーン、バシャーン、とたたきつけるような雨と風。
危ない。危うい。不安感。勢い。何かに立ち向かって行くようだ。
ドラムが重く激しい。

= Enc =

・Mas Que Nada (Sergio Mendes)
もう、楽しい!

「最後はクールダウンしましょう。カブトムシ(この日のオリジナルカクテルがスイカを使ったもので、カブトムシになったみたい、というコメントを受けて)ならぬ、テントウムシで」

それを聞いてきょとん、としている陽介さん。
テントウムシ、ではなく、カブトムシ、で合ってるんです。
カブトムシ=Beatle、ってことで。
SALTさん、カクテル飲んで酔っ払ったか?

・Here, There and Everywhere
そんなことがなかったかのようにきれいな雰囲気で終わります。

このトリオはもう、この3人だったら怖いものなし、みたいだ。
SALTさんのムチャ振りにもちゃんと応えてくれるし、さらに楽しそうだし。
この曲やりますかー、といった懐かしいものからカバー曲やら、どこをとっても楽しかったし!

そしてトリオはまだ続きます。

|
|

« 7/21 Solo Salt白寿ホールライブレポ | トップページ | 8/26(日)塩谷哲トリオ@Blue Note Tokyo »

salt」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144322/55507795

この記事へのトラックバック一覧です: 8/25(土) 塩谷哲トリオ@Blue Note Tokyo:

» 8/24 塩谷哲トリオ Satoru Shionoya Trio at Blue Bote Tokyo [JAZZ WORLD.INFO]
8月24日(金) 塩谷哲さんトリオ初日。大好きなトリオですがさらに凄いことに。アンコールでは小曽根真さんが参加しました。 [続きを読む]

受信: 2012.08.26 09:36

« 7/21 Solo Salt白寿ホールライブレポ | トップページ | 8/26(日)塩谷哲トリオ@Blue Note Tokyo »