« 9/2 塩谷哲&松本和将 ピアノデュオ・コンサート | トップページ | ライブレポ 書きました »

ピンクの服

私はどうも「ピンク色の服」というのがニガテ。

なんか、どうも恥ずかしくなってしまうんですわ。
小物とかでピンク色、というのはよいのですが、服はなんかダメ。
赤とかボルドーとかならいいんだけど。

あ、うすいピンク色なら大丈夫。

「色の白いは七難隠す」じゃないけど、色は白いのでうすいピンクは似合うと言われたことがあるからかな。

ウチの母親がかわいらしい服、レースひらひらついたようなやつは好みじゃなかったらしく、子供の頃、そういうかわいらしい服を着せてもらえなかったからニガテになったのか?

なのに。

気づくとスポーツクラブでピンク(それも割と濃いピンク)のTシャツ、着てるじゃないか!ジブン!
水着も割と濃いピンク色じゃないか、これ!
歳を取ると明るい色を選ぶようになる、というのはこういうことか?

あ゛……..

たしかに。

スポーツクラブで着替えているオバチャマ達(言っておくが、私よりもかなり年上の人達)を見ると
ウエアが若い人たちよりも派手である。

ベリーダンスのクラスに出ているようなオバチャマ達は特にすごい。
どこに売ってるんですか!
そういう色、そういう形のウエア!
というのを着ていらっしゃる。


で。
この間、ロッカーで何人かで固まって誰かの悪口(!)らしきものを言ってた、そのベリーダンス系のオバチャマは、
林家パー子さんが着るようなド・ピンク色で、しかも上下セパレート(つまり、お腹を出している)、さらに下のパンツはピタッとしていてスリットも入っていて、すそにひらひら(ビラビラと言ってもいい)のついたすさまじいものでした。


ま、ピンクのTシャツ着てるぐらいならかわいいものか~とひとり納得。
ちなみに、私は下は黒です。普通でしょ。


明るい色の服は気分も明るくなるし...ねぇ。


世界陸上をほぼ毎日見ていたのですが、ボルトの履いてたpumaの金のラインが入ったシューズが「かっこいいなぁ、欲しいなぁ~」と思ってしまった。
走らないくせにsweat01

|
|

« 9/2 塩谷哲&松本和将 ピアノデュオ・コンサート | トップページ | ライブレポ 書きました »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144322/52653445

この記事へのトラックバック一覧です: ピンクの服:

« 9/2 塩谷哲&松本和将 ピアノデュオ・コンサート | トップページ | ライブレポ 書きました »