« 塩谷哲 with ソルト・ストリングス コンサート201@春日井 | トップページ | SAPPORO CITY JAZZ »

笑顔のちから

なでしこJAPANが優勝したとき、糸井重里さんはTwitterにこんなことを書いていた。

「笑ってるって、強いなぁ。と言いながら、泣きそう。」

そうなのだ。彼女たちはPK戦の前に笑っていたのだった。

ワタクシ、常日頃からどちらかというとヘラヘラと笑っている人、というかそう心がけているのですね。だって、そのほうが絶対いい「気」を呼び寄せそうじゃないですか。

アクアビクスのインストラクターの方は「笑いながらやるほうが、呼吸もラクになるし、いいんですよ」と言っていた。
実際、そうなんです。で、笑いながらやってると(キツいときに逆に笑っちゃうこともあるんだけど)目立つのか、目が合うsweat01

さらに「ほうれい線は、笑いシワのひとつだと思ってるんですよ」とも言ってた。この方も笑顔がすごくいいんですよ。

そうか、そう思うことにしよう。
笑顔の力というのは、すごいのだ。

で、実際、そんな感じでヘラヘラ過ごしておりますと、お店とか行ってもいい人にあたる(気がする)んですよ。だいたい、相手の方もいい笑顔をされてる人だったりもするんですね。

それとはいささか次元が違いますが。。
友達には「おいしいもの食べてる時、ほんとにうれしそうな顔するよね」とよく言われるのですが、自分でも「今、絶対口元がゆるんで、タレ目になっているに違いない」と思うので、実際そうなんでしょう。

週末、saltさん聴きに春日井まで行ったので、その前に名古屋で「ひつまぶし」を食べに行ったんですね。そのときはひとりだったので(食べたいものがあればひとりでもどこでも行くのでsweat01)、カウンター席だったんです。

ワタクシはいつものごとく、よく言えば「川越ちゃんスマイルdelicious」みたいな顔して食べておりました。心の中ではワックワクheartですよ。

他にもひとりで来てる方は結構いて、カウンターはおひとりさま専用、って感じになっていました。そこで、周りにいるおひとりさまをちょっと観察していたわけです。

意外と、普通に食べていらっしゃる。

そんなものか.....

ひとりでヘラヘラ笑いながら食べてるのは、私ぐらいでしたよ。
いいもん。いいんだもん。うれしいんだもん。

110730_1407012 では、幸せな気持ちをおすそわけしておきましょうdelicious

同じく名古屋の「フォルティシモアッシュ」で、誘惑に負けてついケーキを2個食い。。

右が、「ジュジュ」。上からクリームムース、ベリーのムース、ベリーのジュレ、スポンジが層になっております。
左が「ライチ」。その名のとおり、チョコレートムースの中にライチのクリームとライチの果肉が入っておりました。

はい。
ここでもカウンターでひとり「川越ちゃんスマイル」をしていたのは言うまでもありませんdeliciousheart

|
|

« 塩谷哲 with ソルト・ストリングス コンサート201@春日井 | トップページ | SAPPORO CITY JAZZ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144322/52372009

この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔のちから:

« 塩谷哲 with ソルト・ストリングス コンサート201@春日井 | トップページ | SAPPORO CITY JAZZ »