« カリグラフィー作品展あります | トップページ | なぎさAfternoon Jazz Collection Vol.2 ~塩谷哲 »

「心に太陽を持て」

NHKの朝ドラ「おひさま」。
録画して毎日見ているのだけれど、見てはよく泣いてます。

先週、田中圭くん演じる主人公のお兄さん、春樹さんが戦死。。。
悲しかった。。。

その春樹さんが好きだった詩、というのがいいんですよ。
「心に太陽を持て」っていう詩です。

心に太陽を持て


心に太陽を持て。
あらしが ふこうと、
ふぶきが こようと、
天には黒くも、
地には争いが絶えなかろうと、
いつも、心に太陽を持て。


くちびるに歌を持て、
軽く、ほがらかに。
自分のつとめ、
自分のくらしに、
よしや苦労が絶えなかろうと、
いつも、くちびるに歌を持て。


苦しんでいる人、
なやんでいる人には、
こう、はげましてやろう。
「勇気を失うな。
くちびるに歌を持て。
心に太陽を持て。


山本有三 訳


今日の放送では、主人公の陽子が疎開先の長野からN東京に戻る生徒にこの詩を贈ってました。それ見てまたうるうるきたりしてます。。


「くちびるに歌を」というのは、SLTの「LA LA LA」の歌詞にもありますね。

あ...ハル兄さん=圭くん もう出てこないのはさびしいよぉ。

圭くん、すでにクランクアップしちゃってみたいなので、「実は生きていた」ってことはもう、ないんだろうな....

|
|

« カリグラフィー作品展あります | トップページ | なぎさAfternoon Jazz Collection Vol.2 ~塩谷哲 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144322/52135301

この記事へのトラックバック一覧です: 「心に太陽を持て」:

« カリグラフィー作品展あります | トップページ | なぎさAfternoon Jazz Collection Vol.2 ~塩谷哲 »