« 「幻奏夜」@オーチャードホール その1 | トップページ | 9/15 塩谷哲・松本和将 ピアノ・デュオ »

「幻奏夜」@オーチャードホール その2

。。つづき。
そして、第2部。

再び、塩谷哲グループから
ギターはゆったり、重く、メロディを奏でる。
バスドラがドスドス...ベースがビヨーン。ピアノがチョロチョロ。
なんとなーく、わらわらと集まってセッションが始まるみたいな。

ドラムがドドドド...それを合図に「Skinny-Dipper」。
ギターのカッティングがはぎれよく、ピアノが動いていく、曲が進んでいく。が、最初のゆるい感じはそのままに。力が抜けてるけど、かっこいい。

義人さんって、すごく早く弾くとか、がむしゃらに弾くわけではないんです。ギターが鳴る余韻、その空気までも見方にして空間ごと演奏しているみたい。
そのせいなのか、ギターの音がどっしりしていてより響く感じがする。
いいなぁ。

「あこがれのリオデジャネイロ」
ラテン!軽やかに。この曲、前よりも涼しくなったみたい。少しテンポ落としてるからかな。前よりももっと風通しがよくなったみたいな。こうだ!と自己主張するだけじゃなくて、主張するけど調和してる。クール。このへんも「余裕」ってやつですかね。

途中、海沼さんがサンバホイッスルとティンバレスで前に出てくる。SALTさんがシェーカーでシャカシャカ。ここからぐっと熱くなる!

SALTさんのソロ「The Dew of Life」
さらさら~っとメロディが降ってくる。あぁ~SALTさんの音だ。
しずくが落ちてくるように音がこぼれ落ちる。しずくのふちのところだけが銀色に輝いているみたい。

輝いているのは目の前の瞬間かもしれないけれど、そのしずくが連なって、まとまって川に流れていってずっと続いていく。そうやって人生が続いていくのかな~、なんてことを思いました。

そのまま、SALTさんの上にすーっとまっすぐなライトが。
ピアノは静かに、音がはらはらとこぼれ落ちてきて積もっていくようだ。

そして、静かなピアノのところに河村隆一さんが登場する。

あらかじめ申し上げておきますが、私は河村隆一さんはちょっと苦手です。(すみません。。)
なので、ここから描写が一気に少なくなりますが、ご了承ください。

「Love is...」
最近、「No Mic, No Speakers」というコンサートをやっているそうで、この曲もマイクなしで歌います。SALTさんのピアノもここは生音だけ。
河村隆一さんは、思ったよりも声量があって声が伸びるのね。LUNA SEAのときよりも少しアクが抜けた感じかな。
ミュージカルもやっているせいか、なんとなく歌い方がミュージカルっぽい。歌詞もはっきり聞こえるし。低い声がウッチー(内野聖陽さん)にちょっと似ている!あらたな発見。

ここからバンドが戻ってきて「Brilliant Stars」「抱きしめて」。
で、やっぱりこの方はスター、なんだなと思う。
出てきてセンターに立ったときの立ち姿というか、オーラが違いますね。
ただ、どの曲も歌い方がまっすぐなのでちょっと物足りないです。。

今日はアコースティックな編成で電気を使っているのは義人さんだけ、となぜかSALTさんが義人さんにツッこむ(笑)でも、河村さんが「リハのときから思ってましたが、(エレキの)
モニターから出てくる音がなじんでるんです」と!やったー、義人さん。

河村さんが最近はコンサートで募金を集めて植林活動をしていて、いつかはその植えた木の森でコンサートをやってみたいとか。そして、その森、緑のことを歌った曲、「緑の詩」が最後の曲。
少しおさえめに歌う。私にはくどく感じてしまうのだが、あなたのやりたいことは、わかります。

アンコールはステージに全員集まって、河村さんが選んだという「見上げてごらん夜の星を」。
ステージのバックには星空のようなライト。

最初はSALTさんのピアノと村治さんのギターだけ。ここだけで十分ステキです。
歌も少しおさえめに。(私的にはこの曲がいちばんよかったです)
途中、村治さんがまた「Tears in Heaven」をちらっと。あぁ、またステキだ。

そして、バンドの音だけになる。シンバルをブラシで。コンガ、ベース、エレキも少しだけ。そしてピアノ。ここだけでもかっこいいです。
そうやって余韻を残して終わりました。。


「塩谷哲produce」なので、SALTさんがホスト役です。仕切ってました。
さすがにすっとこどっこいなことも言わずsweat01ちらっと先日の「スタジオパーク」の坂本ろーまだの、カイロでカイロの話をして苦笑を買ってましたが...
村治さんには「今日はマジメですね」とか言われてましたsweat01

あぁ、でもピアノはいつものことながらheart

|
|

« 「幻奏夜」@オーチャードホール その1 | トップページ | 9/15 塩谷哲・松本和将 ピアノ・デュオ »

salt」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144322/49409583

この記事へのトラックバック一覧です: 「幻奏夜」@オーチャードホール その2:

« 「幻奏夜」@オーチャードホール その1 | トップページ | 9/15 塩谷哲・松本和将 ピアノ・デュオ »