« パリ日記 その7 | トップページ | パリ日記 その9 »

パリ日記 その8

オランジュリー美術館の近くからメトロに乗って、モンパルナスのほうに向かいます。
紙とか売ってるお店をチェックしておいたんだけど、たまたま開いてなかったようで。。。

気を取り直し。
少し歩いたところに通称「クレープ通り」と呼ばれるところがあるのだ。
モンパルナス近くのRue du Montparnasse。

ホントに、この通りの両側はクレープ屋(クレープリー)ばかり。クレープと言っても、日本の街中でクリームとかタップリ入ってるクレープだけじゃなくて、お食事クレープ(ガレット)ね。

一番人気と言われるお店「クレープリー・ド・ジョスラン」は人が並んで待っていたので、ここまで歩いてきて暑さにやられてこともあり、早く休みたいのよっ!
ってことで、パッとお店の見た目だけで選んじゃいました。

Craperie
「La Creperie Brutonne」
56, rue du Monparnasse
75014 Paris

このブルーを基調とした店構えがかわいくないですかheart
入口入ってすぐ左のところで、店員さんがクレープを焼いております。

Imgp1277

何を食べようかとメニューを見ながらさんざん悩み、結局、チーズ、トマト、シャンピニオン(マッシュルーム)、そしてバジルバターという、まぁ、無難なものに。
上に乗っているのが、バジルバター。

おいしかったっすhappy01
ガレットといったらシードル、ですが、ここでシードル飲んじゃったら眠くなりそう。。だったのでレモネード(いわゆる、サイダーです)にしておきました。

隣にすわってたおじさんは、食事クレープのあとに、アイスの乗っかったデザートクレープまで食べてました。そう、ここね、お会計のときに、レシートと一緒に飴くれました。
いい店~note

エネルギーを注入したところで、また歩きます。
ここからまたぐんぐん歩いて、本でチェックしておいたスイーツのお店を目指します。

途中、通りの反対側にはアンリ・カルティエ・プレッソン財団があり、ここでは今「北野武展」開催中です。絵がいっぱい外側に飾られているのが見えました。今回は時間がないので、スルーします。

Chezbogato

chez・bogato
(フランス語のページですが、写真だけで楽しめます)

←お店の外観
(ガラスに通りの反対側が写りまくりですが..)
小さなお店で、お菓子のほかにちょっとかわいらしいキッチングッズみたいなものが並べられています。

Imgp1345

Imgp1347
ショーケースの中にもかわいいケーキheart
ハンバーガーの形してたり、★が重なってたり。
ですが、持って歩けないので、ここは断念。。。

左側はワタシの好きなピスターシュ(ピスタチオ)のフリアン(だと思う)、右側がサブレ。
奥が動物の形で、手前のハートが抜いてあるやつ、「merciheart」と刻印されてます。
これが本に載ってたんで、これはぜひ買おう!と思ってたもの。
こんな感じのかわいいお菓子が~heart

はぁー行ってよかった。
にんまりhappy02

この日はまだ歩きますshoe

今回ワタシが行く前に熟読していった本present
この表紙にも「chezbogato」のお菓子が載ってます。

|
|

« パリ日記 その7 | トップページ | パリ日記 その9 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144322/48807920

この記事へのトラックバック一覧です: パリ日記 その8:

« パリ日記 その7 | トップページ | パリ日記 その9 »