« 「のだめカンタービレ 最終楽章」前編 | トップページ | ガトーショコラ »

ピアノを調教する

ほぼ日に矢野顕子さんのコンテンツがありましてね、
その中の「ピアノを調教する矢野顕子」の話がすごくおもしろいです。

読んでみてください。→ここnote

私自身は矢野顕子さんのアルバムをちゃんと聴いたことないんですけど、これ読んじゃうと、「すごいsign03」って思いますよ。

ちょっと引用させていただきますね。
(「ほぼ日刊イトイ新聞」 矢野顕子「音楽堂」ができるまで より)
調律師さんと、矢野さんの制作サイドの方との会話です。

----------------------------------------------------

「これは、調律、全部を、俺はしないほうがいいな」
「どういう意味ですか」
「矢野さんが調律しちゃうんだよ、ピアノ弾きながら」

鳴らない音を、鳴らせてしまうっていうのかな。
ピアノ弾きながらピアノを手なずけて矢野さんの音を最大限に話せるようなピアノに調教しちゃうんだっておっしゃるんです。

---------------------------------------------------

きっと、SALTさんとか、みなさんもそうなのかもしれませんけど、それをその場にいて聴いていたらビックリ、でしょうね。
おもしろいなぁ、って思いました。
読んでみてくださいね、ほぼ日。

|
|

« 「のだめカンタービレ 最終楽章」前編 | トップページ | ガトーショコラ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

みました〜!
ほんと、ピアノは生きている!
なんでしょうね。
矢野さんとかSALT氏などは調教してるんでしょうね、きっと。

おもしろいコンテンツでした♪

投稿: ふにゃ〜 | 2010.02.10 22:50

>ふにゃ~さん
おもしろかったよねhappy01heart
ピアノを弾く人達は、
そうやって場所場所のピアノを自分の音に
変えていっちゃうんだろうね。

そろそろ始まりますね、オリンピックもsmilepaper

投稿: めい | 2010.02.10 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144322/47529474

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノを調教する:

« 「のだめカンタービレ 最終楽章」前編 | トップページ | ガトーショコラ »