« 本田雅人 feturing BOB JAMES@Blue Note Tokyo | トップページ | 青山「うさぎ」 »

「solo piano = solo salt」

Spss1塩谷哲ニューアルバム!
solo piano = solo salt」 本日発売ですhappy01note

いよっ、待ってました~paper
昨日フライングゲットしようと思ってたのに、感染性胃腸炎ってのになり...
お腹痛いし、食べられないし、熱出るし...crying

でも、根性で治して(笑)、本日そそくさとお昼休みに手に入れてまいりましたよ。

もうっ、すばらしぃぃぃ~happy02

ジャコ・パストリアスの「Three Views of a Secret」に始まり、もう、そこますでにsaltワールドです。
今回は、とにかく「ピアノソロ」ですので、ピアノの音がすみからすみまで堪能、できます。

saltさんのアルバムが出たときはいつも、一番最初はヘッドフォンをして、目をつむって聴くんです。そうすると、余計なものが目に入らなくて、音だけに集中できるのでね。
ささやかな、こだわりwink

saltさんのピアノの音色はそれまでもすばらしかったですが、特にソロピアノライブをやるようになってから顕著にその音の多彩さが際立ってきている気がします。
1曲1曲の音から生み出される、温度、色、手触り、それらが特にピアノの音色だけで描き出されていきます。
冷たかったり、あたたかかったり、やわらかかったり。
妖精出てくるし、森は幻想的だし、光いっぱいだし、眠いし、甘いし、苦いし、しょっぱいし、白いし、暗いし、明るいし。

「Wishing Well」もピアノバラードアルバム、という位置づけで、このアルバムもすばらしくて大好きでしたが、聞き比べてみると、きっと音の違いがわかるんじゃないかな。聞き比べてないですが。

なんだかもう、すごいことになってます。
ため息でます。
組曲なんて、聴き終わって拍手したくなります。

それで、最後の最後「Preciousness」を聴いて、思わずsaltさんに「ありがとうheart」って言いたくなります。
とってもとってもあったかかくて、包んで守りたくなるくらい大切なもの。

いい音たくさん届けてくれてありがとう、saltさんconfidentheart01


さっ、みなさんも聴きたくなってきたでしょ???
solo piano = solo salt 」絶賛発売中ですnote
このアルバムをひっさげてソロピアノツアーもありますよ~。
アルバム聴いたら生で聴きたくなりますよwink
スケジュールはこちらにあります

|
|

« 本田雅人 feturing BOB JAMES@Blue Note Tokyo | トップページ | 青山「うさぎ」 »

salt」カテゴリの記事

コメント

疑似salt母さんにお勧め頂いたので、Amazonで早速注文しました。(うふ、200円引きです。)土曜日には届くようです。
小曽根の古株ファンとしては、やっぱ「Walk alone」が楽しみかな。

>お腹痛いし、食べられないし、熱出るし...
めいさんにとっては、「食べられない」ってのが、一番つらそうですね。
お大事に。

投稿: fufufu | 2009.03.05 23:06

>fufufuさん
ふふ。擬似母さん、私の周りにたくさんいますわよsmileheart01
小曽根さんの曲だけど、saltさんの曲、になってますよ。
感想お待ちしてますわheart04

投稿: めい | 2009.03.05 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144322/44245584

この記事へのトラックバック一覧です: 「solo piano = solo salt」:

» 『solo piano = solo salt』塩谷哲 [my favorite etc...]
ジャズ、クラシックからJ-POPまで、ジャンルを超えて活動する、 日本を代表するピアニスト/コンポーザーである塩谷哲。 多くのシンガーやミュージシャンから絶大な支持を受け、編曲からプロデュースまで その活動は多岐に渡リ、近年は自身のトリオや、世界を代表するピアニスト小曽根真とのデュオ、 ソロ・ピアノ・コンサートを多数実施するなど、ピアニストとしての実力に注目が高まっている。 そんな彼のキャリア初となるソロ・ピアノ・アルバム。 オリジナル楽曲だけでなくクラシカルな組曲、独自の解釈による..... [続きを読む]

受信: 2009.03.04 23:59

» キーボ−ドマガジン 塩谷哲 CD連動企画 [JAZZ WORLD.INFO]
キーボードマガジン4月号に、塩谷哲さんのインタビュー記事が掲載されています。さらに塩谷さんお勧めの奏法&練習が楽譜で載っていて、付録CDに模範演奏が収録されています。 [続きを読む]

受信: 2009.03.11 07:19

« 本田雅人 feturing BOB JAMES@Blue Note Tokyo | トップページ | 青山「うさぎ」 »