« 入院日記その3 | トップページ | 入院日記その5 »

入院日記その4

入院4日目。
朝は三分粥。それでも十分うれしい。お昼は5分、夜は7分、とお米率が増えてくるのだ。
傷はまだ痛いものの、それでも昨日よりは動けるかも。やはり、動くようになると治りが早いのか。

少しずつ動けるようになると、じっとしているのもつらい。売店に行ってみたり、病棟を歩いたりするけど、そうそう何度も行けるもんじゃない。
ヒマである。

ヒマだけどここで寝てしまうと夜が眠れないので、なるべく起きているようにする。
ヒマつぶし用に本は持っていったので、佐藤多佳子さんの「しゃべれどもしゃべれども」を読み始める。他にやることもないので、進む、進む。1日で読み終わってしまった。読みかけで持ってきた真山仁さんの「ハゲタカⅡ」上巻を読み始める(Ⅰの方はすでに読んだのだ。NHKのドラマも見ていたのだ)。

午後、看護師さんが髪を洗ってくれる。すっきり~。


入院5日目。
お粥は卒業して、今日から常食!やっぱりごはんはうれしいな。とはいえ、そろそろ飽きてきたので(早い?)、売店でふりかけを買ってくる。それだけでうれしい。

午前中、N2先生が来て傷を見てくれて、今日からシャワーを浴びていいとのこと。わーい。
「ハゲタカⅡ」下巻を読み始める。先が気になる話だし、今日もひたすら読書。
それでも動かなくちゃいけないから、時々本を手に食堂やエレベーターホールの待合室に行ったりしてみるけど、手術を待っている家族の方達がいたりして、なかなか落ち着かない。いやでも聞こえてくる話が耳に入ると、いろんな患者さんがいるものだと思う。中には家族どおしでケンカしている人もいる。
午後になると、今日(この日は月曜日)から入院の患者さんもいて、同じ部屋もいつのまにか満室になってしまった(私は6人部屋)。

2時からシャワーに入る。あー、やっぱりすっきりした。ひさしぶりだったので、ちょっと疲れたかな。そのまま音楽聴いたり、雑誌見たりしてのんびりする。そしてまた読書。
自分で着替えやシャワーをつかうようになって初めて、お腹の傷を見てみる。おへそ(ここに縦に切り込みをいれたらしい)と、右側の下のほうに絆創膏(ここに穴をあけたらしい)、それとおへその下2箇所にも小さい絆創膏(注射器の一番太いぐらいの大きさの穴らしい)。これだけである。医学の進歩というのはすごいな、と実感。

夜、F先生が顔を見せてくれて、「動くと傷が痛いですけど、順調みたいです」と言うと、「そろそろ退院のことも考えましょうね」と言ってくれる。
予定通り、である(^-^)

|
|

« 入院日記その3 | トップページ | 入院日記その5 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144322/15709213

この記事へのトラックバック一覧です: 入院日記その4:

« 入院日記その3 | トップページ | 入院日記その5 »