« ドラちゃん | トップページ | カード好き »

疲れるテレビ その2

昨日につづき、シンクロソロフリーと世界フィギュア男子フリー。

帰りが遅かったのでフィギュアはビデオ録画。
帰ってきたら高橋大輔くんが終わったところで、すごい歓声が聞こえたので、これはやったな、と(^-^)v
大輔くんのフリーは「オペラ座の怪人」。「Phantom of the Opera 」はもちろんのこと、「All I ask of you」「Music of the night」「Point of no return」とか次々に出てきて、曲が好きなこともあってさらにドキドキするのだ。

細かいところを見たらキリがないけど、総じての印象は緊張感があって、静と動があってよかった。このプログラム、シロウトが見てもよくできてると思うのね。それに、大輔くんって、すごく色っぽい演技をするんだわ。最後のステップは、ドキドキの最高潮、である。「うにゃ~!」って感じ(意味不明(^^ゞ)

ランビエール→ジュベール→高橋。
特にこの3組の演技はドキドキしたねぇ。。。私的にはランビエールの「フラメンコ」は、すっげーかっこよかった。今季新しいプログラムらしいけど、艶っぽくって、これもまたドキドキしたよ(*^▽^*)。ジュベールのプロフラムよりもこっちが好きよ。SP6位から3位になるところなんざ、さすがです。また見ちゃおうっと。

それにしても、やはりこういう世界の大舞台で最高の演技をするっていうのは、大変なのね。考えられない失敗する人もいるし、SPよくてもフリーがダメだったり、その逆もあったり。こういう人たちの精神力ったら、尊敬します。

さらに、シンクロはソロのフリー決勝。
最後のグループしか見てないけど、やはりフランスのデデューだ。明らかに他の選手と違う独特な世界を持っていて、技術だけではなく芸術性に重点を置いたこの人の世界。今回のプログラムは、「マリアカラスの生涯」だそうだ。他の人の演技が霞むぐらい、私にはとーっても印象的だった。すばらしかったなぁ。。

連日、テレビの前から離れられません(笑)

|
|

« ドラちゃん | トップページ | カード好き »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

全部ではありませんが、しっかり観ました。
スイスの何さんでしたっけ。演技が素晴らしかったですね。終わった瞬間のあの空気が、画面から伝わりました。
その後のフランスの方も良かったのですが、
ちょっと霞んだように見えちゃいました。
さて。高橋ですが、つい厳しく観てしまいますね。技術はあるのですから、演技力をもっと磨いたらと思う。また、今時の若輩と一緒で眉の作りすぎ(笑)眉メイクをきちんと勉強した方が良いわ。
私の目からは、まだまだ大人の色気足らないと言うか、ないですな。
その点、織田君は演技をしっかり勉強しているようで、決してハンサムだはないけれど、氷上に立つとオーラが出て、カッコよく観えます。
どんどん若い世代が育って欲しいですね。

投稿: しすたーず@姉 | 2007.03.23 12:59

これだけ個性の違う選手達なので、好き嫌いの好みは人それぞれでしょうね。
シンクロにしろフィギュアにしろ、技術と芸術性が求められる競技は、
そのバランスが難しいでしょうね。どっちに偏ってもダメだし。
ただ、いい得点が出る選手は、音楽と演技とがピッタリと寄り添っているような印象がありますよね。
私は大輔くんの演技、すごく色っぽくなったと思いますよ(^-^)d

投稿: めい | 2007.03.23 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144322/14355704

この記事へのトラックバック一覧です: 疲れるテレビ その2:

« ドラちゃん | トップページ | カード好き »