« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

ホッチキス

ホッチキス、ってよく言うけど実は登録商標名なんですよね。(ホッチキス、という名前の人が開発したらしい)アメリカではステイプラーと言うらしい。そういえば、前の会社の人でホッチキスとは言わずにステイプラーと言う部長さんがいたな。

書類を何枚かまとめてホッチキスでとめること、会社勤めしていたらよくありますよね。前の会社で経理にいたもので、決算書類なんかを作るわけです。当時の上司がきっちりとした人で、書類の左上、斜めにほぼ同じ位置にきちんとホッチキスでとめていたんですね。偉い人にも見せるものだし、私も見習ってそれからずっとそういう感じで、どんなものにでも左上に同じような位置にとめるのがクセになってました。

ところが。
先日、海外から書類が来て、それを見てびっくり。

書類の左上どころか、もっともっとまんなかに近いところに無造作にとめている。おそらく、左斜め上から、ホッチキスを渡し、それが届く範囲でとめたのだろう。しかも、すべての書類がバラバラの位置。
こんなところにとめていたら、めくっても次の書類が見えねーだろ(-_-;)

そんなとめ方、日本では見たことない。
私が「ホッチキスは左上にとめるもの」と思っていたのは、世界的な常識ではなかったらしい.....

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

塩谷哲ソロピアノ@きゅりあん

SALTさんが東京でソロライブをやるのは、意外にも初めてのことらしい。

「発表会みたいになるとヤバイので、アットホームな感じでやりたいと思います」と言っていました。ご本人も「緊張してます」と言っていたけど、ホールでお客さんは割とおとなしく、シーンとしていたので、随所でリラックスさせるようなコメントも出てました。さすがにこの雰囲気では、いつものさぶーいダジャレとかはなかったです(^^;;;

いつものことながら、ピアノの音色が多彩。ピアノがよく鳴っていたと思います。
内に熱さを秘めたような曲でも、曲によって音の温度が変わるし、反対にすごく静かでやわらかい曲では、そのやわらかい音が聞こえてくる距離が違うっていうのかな....世界が広かったり、はたまたすごく近くだったり。
また1曲の中でも音のうねりや流れが変わり、曲の場面転換というか起承転結がちゃんとわかる。

即興演奏もしてくれました。
「今、聞こえてくる音だけを弾くようにします」と言って、しばらく音が降りてくるのを待って静かに弾き始めます。

すーっと大きく深呼吸して、たくさんの新しい空気を吸い、自分の中が新しいものでいっぱいになった。さぁ、これから何が起こるんだろう。不安もあるけど、それが自分なんだ。先には希望の光が見える。
私にはそんなイメージでした。

もちろん、これは今日はこうだったけれど、明日やったとしてもまったく同じ世界になることはないはず。自分が今感じたものをすぐ音にできるのって、すごい。

HPの掲示板にもう少し細かく書いておきましたのでそちらもご覧くださいね。

**セットリスト

= 第1部 =
・ The Dew of Life
・ Passage
・ Ladies in Mercedes / Steve Swallow
・ Vignette / Gary Peacock
・ Mr. Tapman
・ 即興演奏

= 第2部 =
・ Enharmonie
・ Heat of Mind
・ Jerash
・ A Little Lullaby
・ Lazy Uncle / Makoto Ozone
・ 3 Views Of A Seacret / Jaco Pastorius
・ Spanish Waltz

= Encore =
・ 4→0→10→5

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

楽器占い

楽器占い」というものがありました。
さっそくやってみたところ、「ユーフォニウム」でした。
「楽天家のロマンチストです」だそう。楽天家は当たってます。
ちなみに、某ピアニストは「弦バス」。
「飾り気のない実直な人です」だって。

吹奏楽の楽器占い
こちらは「ピッコロ、フルート」でした。
「ズバリ先見の明があるタイプです」だって。

ちなみに、某ピアニスト(<=もういいって(^_^; )は「コントラバス」。
「明晰な頭脳とタフな体力に恵まれた人です」だって。
当たってるかな??

おヒマな方は遊んでみてください(^O^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

座ぶとん

今日、英会話のレッスン中(社員さんに混ぜてもらっている)のこと。
途中で洗濯の話になったのだった。

先生は以前、座布団を洗濯機に入れて洗ってしまったことがあるらしい。
そんなことしたら中身がぐちゃぐちゃになってしまうでしょう!(笑)
「おかげでひとつ勉強になった」と言ってたけれど、なによりもおかしかったのが、

座布団は水にぬれるとめちゃめちゃ重い(Heavy)

という先生のコメントだった。。。

そりゃあ、そうでしょう。
水吸いまくっちゃうでしょう(笑)

大笑いした(^O^)!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

西脇辰弥 「Infinite」@BAJ

Atomosphere_092406 西脇辰弥さんのライブに行って来ました(^^)
西脇さんのライブは「Atomosphere」名義でやっていた時によく行ってたのです。(これは以前CDにいただいたサイン)

今回のメンバーは、西脇辰弥(chromatic harmonica,keys,etc.) / 日野“JINO”賢二(b) / 小森啓資(ds) / 渕上祥人(g, vo.)
このほかに、「国籍不明謎の日本人有名大物ピアニストが出演予定」となっていて、紹介されて出てきたのは「セルゲイ・ザルチンスキー」さん!?

このセルゲイ氏、プロレスのマスクとガウンをはおって出てきておもむろにRhodesに向かう。出てきた時点でわかりましたが、1曲弾いたあとでマスクを取ったらやっぱりSALTさんでした(^O^)!大喝采!

西脇さんという人は、オリジナルからカバー曲まではじけまくりのキーボードを弾いたかと思うと、涙が出そうなくらいあたたかみのあるハーモニカも吹く。
メロウで美しい曲からハードなものまで。この幅の広さにはあいかわらず感心させられます。
私の大好きなジャコ・パストリアスの「3 Views of A Secret」も美しかった。。(原曲ではトゥーツ・シールマンスが吹いています)

西脇さんはRolandのデモンストレーター(?)として世界中を駆け巡っている人なので、最近行った南アフリカの写真も間に見せてくれました。南アフリカの先端、喜望峰はインド洋と大西洋が合流するところで、それぞれ海の色が違うんです!ビックリ!
その中の写真を鈴木英人(超なつかしー!)風に加工して見せたり。さすがは研究員(^^)

そして海外でも披露したという、Rolandのシンせを駆使して、ひとりでQueen(西脇さん、Queenのコピーバンド「グイーン」もやってるのです)の「ボヘミアンラプソディー」(フレディの声が何重にもなってるでしょ?)をやってみたり、声を変えてジャクソン5歌ってみたり。
いろんなことをやって、かなり楽しませてくれます(^^)

小西さんは(KENSOやってますよね)重いドラムを響かせてました。フッチーは基本的にはギタリストで参加だったのですが、歌も歌ってくれたし(西脇さんが中古CDショップで見つけてきたというソロアルバムのジャケットも映されてました(^_^;)、JINOもチョッパーベースベキベキ弾いたし、さらに「Come Together」も歌ってくれました!(JINOは時々ダジャレみたいなことを言う。この人もつかみどころがない....)

SALTさんも繊細なピアノから、椅子から跳ね上がり、頭振りながらの激しいRhodesまで、楽しませてくれました♪こういうSALTさんをライブハウスで見られるのはなかなかうれしいものです。ニンマリ(^^)v そういう意味でも楽しいライブでした~。

西脇さんがSALTさんがマスクとガウン(西脇さんが東急ハンズで購入してきたものだとか)をつけてる写真を撮っていたので、近々西脇さんのブログにアップされるかもしれません。
こちらもチェックしてみてくださいね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

金聖響@ショスタコーヴィッチ「革命」

指揮 / 金 聖響 
ヴァイオリン / 千住真理子
日本フィルハーモニー交響楽団
チャイコフスキー歌劇「エフゲニー・オネーギン」よりポロネーズ
ヴァイオリン協奏曲ニ長調 op.35
ショスタコーヴィチ / 交響曲第5番ニ短調(革命) op.47

府中の森芸術劇場で聞いてきました。
午前中にお墓参りに行ってたので疲れて寝たりして..と思ってたけど大丈夫でした(^^)

前半はチャイコフスキー。
千住真理子さんのヴァイオリンは初めて。聞いてみたかったのでうれしかった。すばらしかったです。。。聖響さんが言うには、真理子さんのヴァイオリンは音が大きいので、近くにいるとオケの音が聞こえなくなってしまうので、若干指揮台の右よりで振っていたんだそうです。

後半はショスタコーヴィッチ。
結局予習ができなかったので初めて聞いた大曲。感動しました。
聖響さんのブログにも書いてあったのですが、最終楽章の「歓喜」は心からの歓喜ではなく、強いられたものである、と作曲家自身が語っているんだそうです。第一楽章からずっと続く緊張感。最後でそれから解き放たれてバン、と爆発する、ということなのかと思ったらそうではなかったようです。。

曲の途中でマーチになる瞬間があって「?」と思ったのですが、これも自らが進んでやったものではないのかもな、と考えてしまいました。当時のロシアの時代背景を考えて聞いてみると、なんだかこの曲の深さを感じてしまいます。
聞き終わって脱力感......でした。

終わってから会場のロビーで日フィルの方と聖響さんがいらしてミニ交流会というものがあり、お客さんからの質問に答えてくれました。
この日、客席から向かって左端にコントラバスが置いてあり、それはなぜ?という質問に、この曲の当時のオケの配置がこうだったから、と言ってました。昔は録音技術がよくなかったため、高音の楽器、低音の楽器を分けて配置したり、第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンを分けて配置することでステレオ効果を狙ったりと、いろいろ考えられていたんだそうです。

今回は日フィルさんのおかげでそれを取り入れることができたのですが、オケによっては拒否されるらしい(^_^;) オケの配置ひとつとってもいろいろあるんですね。曲が作られた当時をできるだけ再現することにこだわる聖響さんならでは、なのかな。勉強になります。
それに、自分が触れたことのない曲に出会えるのはうれしいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クイニーアマン

お彼岸です。まさしく彼岸花も咲いています。
我が家もお墓参りに行ってまいりました。さすがに今日はお寺も人が多かった。

帰りに渋谷のVIRONに行って見つけた、クイニーアマン。
ブルターニュ地方のパンというかお菓子で、バターを練りこんだデニッシュ生地の表面をカラメルコーティングしたもの。

「のだめカンタービレ」の15巻でのだめが食べてて「おいしそう~」と思ってたのです。前にも食べたことはあったのだけれど、人が食べてるのを見るとやけにおいしそうに見えたりなんかして、ずっと気になってて(^^ゞ (今はセブンイレブンにもあったりするらしい)

Aman_092306で、ひさしぶりに食べたのです。

甘しょっぱかったりなんかして、やっぱりうまかった(^-^)v

VIRONは基本的にパンがおいしいし(^^)d

「VIRON」
東京都渋谷区宇田川町33-8 塚田ビル1F2F
TEL 03-5458-1770(1F販売) / 03-5458-1776(2Fブラッスリー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

☆梅

書こうと思ってたことがあったのに忘れてしまった。。
ので、お菓子ネタに逃げる。

Hosiume_092206もともと酸味のあるものは好きで、梅干も好きなのです。会社ではお腹がすくと梅こんぶをかじっている(笑)
そして、最近ハマっているのが「干し梅」 。なぜかわからないが、コンビニでもやたら見かけますね。

いろいろ食べてみたけど、甘いのやらしょっぱいのやらあって、一番おいしいと思ったのは、これ。干し梅の中にこんぶが入っている。「梅こぶ茶」もあるぐらいだから、相性はいいはずなのだ。うまい(^O^)/
近所のファミマに売ってた。

一気食いしたところでケーキと比べたらカロリー低いけれど、たくさん食べたら意味ないですね(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秋といえば。

芋、栗、かぼちゃ。こういったものがおいしくなる季節。
お菓子売場でもこういった素材が増えてきました。

Hitokuchi_092106最近よく行く(笑)「IT'S DEMO」で見つけたこれ。

まんま、さつまいもでした~(*^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

豆かん

Mamekan_092106「梅園」の豆かん。

寒天とえんどう豆と、黒蜜。これだけ。
なのにおいしい。

豆好きの私としては、あんみつよりもこの豆かんが何より(#^.^#)
それに、ここの豆かんは豆が「これでもか」とたくさん入っているのですっ!

これならカロリー低いしね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

外壁工事

先週あたりから、会社の入っているビルの外壁工事が始まった。

何をしているのかはよくわからないけど、最初はなんだかコロコロと大きなビーズ同士がぶつかり合うような音がしていた。今週に入ってから壁をはずしているのか穴でも開けているのか、ドリルで削っているような音がしてきた。

それが、まるで歯医者で歯を削られているみたいな音なのですよ。「キュイーン」って感じで、歯をキュルキュルと削られているみたい。

なんだか1日中ずーっと歯を削られているような気分で、背中がゾワゾワしてしまう...まるで歯医者の疑似体験。
あー、いつまで続くんだ、外壁工事。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

かえるくん

Kaeru_091906これ、妹がもらってきたんですが、あまりにかわいかったので写真撮っちゃいました(^o^)

かえるくんのボディタオル(...って言うのかな?みかんが入ってる網みたいなやつです。)と、バスバブルです。
かわいくって、そのままながめていたい感じです♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

たいやき!

Wakaba_091906

前にも書いたことがあったと思うのですが.....

四谷「わかば」のたい焼きです。

皮がベタっとしていないので、しばらく置いてからでもオーブントースターで少し焼けばカリッとします。あんこもたっぷりで、甘すぎなくてホント、うまいです。

やっぱり、私が一番好きなたい焼きはここのです!(^-^)!

たい焼き屋さんも今や機械化されている時代なのですが、こちらのお店は手焼きなのですよ。だから混んでるときはしばらく並びます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

右脳ばっかり

日・月とカリグラフィーのワークショップに参加。2日にわたっていろいろ書いていて、楽しかったけれど疲れた。。この日の成果はまだ全部できあがっていないので、追々。

おまけに、今日はその後でピアノの発表会のアンサンブルレッスンがあったのです。一緒にやる人に申し訳ないのでもっと練習しないと。
アンサンブルって、「人の音も聞く」というのが基本中の基本なのですが、自分に余裕がないとそれもままならないのよね。。日にちも迫ってきてるしね。。
でも、これがうまくいくとめちゃめちゃ楽しい♪

それにしても。
左脳ばっかり使うのも疲れるけど、右脳ばっかり使うのも疲れますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

"The Trio"@BN

土曜日、小曽根真The Trioの最終日@ブルーノートに行ってきました。

「この人達ってどうしていつも楽しそうなんだろう」と、また思いました。演奏中の3人の表情を見ていると、それだけで楽しくなってくる。
アンサンブルの難しさ、を最近とみに実感している私にとっては、これはもう、うらやましいというか、ここまでいけたら本当に楽しいだろうな、と思うのですよ。

普通「トリオ」というと誰かソリストというか中心になる人がいて、他のメンバーがいる、というパターンなのに、このトリオはそうではなくて、ひとりひとりが刺激しあってここまで来た、というようなことを小曽根さんがMCで言ってたのだけれど、そうだよなぁと納得しながら聞いてました。よく、「紆余曲折」あって、とか言うけれど、紆余曲折はなかったんですよ、とも言ってました。やはり出会うべくして出会った3人なんでしょうね。

10年の重み、というのを感じますね。小曽根さん達にとったら「あら10年?」という感覚かもしれませんが、ひとつひとつを積み重ね、やり続けることのすごさ、それがすべて演奏に表れているんだろうと思いました。この日はツアーの本当の最終日ということもあって、3回もアンコールに応えてくれました。大満足(^^)v

「Pandora」と「Where do we go from here?」の2曲の、最後の2音。
これはやっぱりグッときました。。。。

Oz_bn_091606_1
この週のスペシャルカクテル。
チェリーブランデーにスパークリングワイン。口当たりがよくておいしいのですが、私には結構キツかったかも。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

とうもころし2

Corn_091606注文していたとうもろこしが届いた!
「味来(みらい)」という品種らしい。売り文句が「白いとうもろこし」だったのだけれど、ホントに白かった。これが生の状態。
このままでも食べられるというので、食べてみた。シャキシャキしていて、甘い(^O^)/



Corn2_091606こちらはゆでた状態。
若干、クリーム色になった。なんだか真珠みたい~。

ゆでても甘かった(^O^)d

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

釜飯

Komekichi1_091506 吉祥寺にある、前から気になっていた「米吉」というお店に行ってみた。入口にはなぜか米俵が積んである。

簡単に言ってしまえば、お米にこだわったお店らしい。ご飯のお米は山形の庄内米「はえぬき」を使っているとか。

写真は、何種類かある釜飯のうち「黒豚と五種の豆の釜飯(トマトソース入り)」
注文すると小さなお釜ごときて、その場で待つこと30分。
黒豚入りの白いご飯が炊けると、そこにトマトソースと万能ネギを入れて混ぜて食べるのです。

トマトソース?と思ったけど、量はひかえめでご飯がべちゃっとならずに、ご飯の固さも私好みでお米のおいしさも味わえてうまし(*^-^)b
他のお料理もおいしかったのでまた行かなくちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

木曜日はケーキの日!

発表会が近くなると、当然のことながら練習にもレッスにも力が入る。まして今回は1曲だけじゃないから余計に、である。
んでもって、やっぱりどっぷり疲れちゃって、ふらふらと甘いものに吸い寄せられるのですね(^^ゞ

Maron_takano_091406秋になると、栗のお菓子が増えますね~。
今日は「高野」の栗のロールケーキです(^o^)!

スポンジはふわふわ~♪
クリームはちょっと甘めだったけど、食べると落ち着くのはどうしてだ?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

CNC

「CNN」ではなく、「CNC」。
フジテレビでやっている「チンパンニュースチャンネル」という番組。
月曜日から木曜日まで、0:35からやっている10分番組。

「動物による動物のためのニュース番組」ということで、司会はチンパンジーのゴメス・チェンバリン!一応、動物関連のまじめなニュースもちゃんとやっていたりするのだが、毎週ひとりのゲストを迎えて、宣伝もしながらも、基本的にはゲストとゴメスがじゃれている番組(笑)

といっても、ゴメス君はチンパンジーなので、アフレコはビビる大木がやっている。ゴメス君は賢いので、ちゃんとスーツを着て、MC席にいるときはまるでしゃべっているように口を動かしている。そして、決まりごともちゃんとするし、記念撮影のためにカメラのタイマースイッチもちゃんと押すのだ。

これが、どこまで台本があるのかわからないのだけれど、かなりおかしい。きめられたことをやるにもそこはチンパンジー君なので、食べ物にはいきなり食らいつくし、高いものにはひょいっと上ってしまうし、女性のゲストだとうれしいのか離れない(笑)

おまけに、ADはニホンザルのポール(少々凶暴)、のんびりしているカメの亀井、そして最近加わった犬のチャーリー。プロデューサーは腰の低いニホンザルのアダム。

すべてが台本どおりにいかないところがおもしろい。そして、ビビる大木のMCが絶妙です。
妹と私はこの番組にハマっていて、毎日見ています。全国的にやっているのかわからないけど、東京では「すぽると」の後にやってます。おもしろから見てみて~。

10/7(土) 夜11:30から1時間のスペシャル番組があるらしいです(^0^)d

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

First DECADE

Firstdecade小曽根真トリオは、結成して10周年なんだそうです(^^)
この「First DECADE」というアルバムは、それを記念した、いわばトリオのベストアルバム。以前の曲の新録も入ってます。

そして、現在トリオはツアー中。
今回は今までのトリオのレパートリーから幅広く選曲をしているようで、毎日やる曲が違っていたりするらしい。

今日の1st Setを見てきました。これから見る方もいるでしょうから演奏された曲は書きませんが、「今日はこういう曲か~(^^)」とニマニマしながら、やっぱりこのトリオは聴いててなぜかHappy!になるよなぁ、と実感。だって楽しいんだもの!
何度もCDで聴いている曲も、生で、「この日」のトリオで聴くとまた違う。それが楽しい。

今日は特にジーナスのベースがいいなぁと思いました。とある曲の最初でジーナスがたったひとりで演奏するのですが、自分のベースをその場で録音したものに乗せてソロを弾いてしまうという。。(前に本田雅人さんもこういうことやってました!)大きくて、しなやかで、いい感じだったのです。

小曽根さんのライブはいつもいろんな方達が見に来ているのですが、今日も大竹しのぶさん、伊藤君子さんご夫妻、秋田慎治さん、それからSALTさんもいらしてました。
アンコールで舞台に上げられたSALTさんは、小曽根さんの「鼻炎の曲(笑)」(<=なんだかわかります?最初の音から類推してみてください。わかりますよね?)をトリオと一緒に演奏してました。

今回は小曽根さんがピアノとRhodesを弾くので、最初はSALTさんがピアノ、小曽根さんがRhodesを弾き、途中でふたりでピアノを弾き、最後は楽器を交替して弾いてました。ふたりで弾いているのを見ているのもまたうれしい。
私はピアノを後ろ側から見る位置にいたので、おふたりの背中を見ながら、リズムの取り方がそれぞれ違っていておもしろいな、なんてことを考えてました(^^)

このトリオは土曜日にまた見るので、詳しくはまたのちほど。
見に行く方は楽しんできてくださいね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

VOICE of ELEMENTS@AX

Voe_2 本田雅人 with VOICE of ELEMENTS
本田雅人(Sax, Fl, EWI) / 則竹裕之(Ds) / 須藤 満(B) / 松本圭司(Key)

フュージョン好きの方ならおわかりかと思いますが、この4人、時期は違えどSQUAREに在籍していたことのある方。なので「偽スクエア」とか言いながらライブをやっていたのです。(12/30付のブログ参照)
それがついにバンドとしてCDデビュー!そして今回はツアー!SHIBUYA-AXで見てきました。

この4人がライブやるわけですから、よくないわけがない。12月のライブもすごく楽しかったし、アルバムも期待どおり♪
これからツアーが続くのでネタバレは避けますが(本田さんがネットには書かないように、と言ってたので(^_^; )、アルバムの曲を中心に、本田さんの曲、圭司くんの曲、SQUAREの曲、と盛りだくさんでございます。楽しかった!

本田さんは、相変わらずハードな曲から静かな曲までを軽く(?)吹きこなす。
則竹さんはドスドスと叩きまくってるけど涼しい顔してる。でもやっぱり本田さんの曲には則竹さんは合ってる。
圭司くんもこれまた涼しい顔して、飄々としながら「どんな曲でも任せてくださいっ」って感じで弾きまくっている。
で、ストさんはどちらかといえばすべてが顔に出る、愛すべきキャラクター。ベキベキ言ってるチョッパー聞くとニンマリしてしまいます。ある曲の時のベースソロではステージ上を右へ左へと動き回り、最後は客席に降りて椅子の上に立って弾いてました。ここで一気に盛り上がりましたね。もう、乗せ上手(^^)♪

それにしても本田さんが作る複雑な曲(変拍子が多いので、手拍子してると合わなくなるのねぇ)を演奏できるあなた達はそれだけですごいです。
MCもそれぞれの個性が出てて楽しかった。今回はストさんもしゃべってくれるので、本田さんも幾分楽そうです。でも、この日はDVD用のカメラが入ってまして、あの本田さんですら緊張してたそうですよ。これから見る方達も、めいっぱい楽しんでくださいね~。あ、言っておきますが、本田さんのライブは長いですので(笑)

今回のアルバム、本田さんの他にストさんと圭司くんも曲を書いているのですが、「この曲好きかも~♪」と思うと、これが圭司くんの曲だったりするのです。ピアノの音も、ソロもよかったし、あなどれません、松本圭司!

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

おやつランキング

最近は男の人も職場で「おやつ」を食べるらしい。とYahoo!のニュースに書いてあった。それに関連して、少し前の記事だけれど「やめられないお菓子ベストテン」というのが載っていた。

お菓子好きなあなた!なら、思わずニヤニヤしてしまうようなラインナップですが、そこに載ってたあるものに目がとまった。

その名も「オランダせんべい」。
まぁ、言ってみれば塩味のうす焼きせんべい、なのですが、これがうまいのよ。やめられない、とまらないお菓子なのですよ。
これがなぜかこっちには売ってない(お取り寄せはあるみたいなんだけど、量が多い)。
ただし、山形には売っていた。なぜか山形の名物らしい。以前の会社は山形に工場があったので、おみやげに買って来てもらったりしていたのだけれど。。
一時、こっちのコンビニで見かけたのに、いつのまにかまたなくなった。

記事読んでたら、なんだか急にまた食べたくなった。
どなたか東京で売っているところ知りませんか~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

とうもころし(^^)

9/2付の竹善氏のブログに、某ピアニスト、Dr. Corn氏(笑)のとうきびの茹で方が載っていた。(Corn氏のコメントも載ってますので見てみてね。)

それを試した友達から絶賛の嵐!で、勢いでとうもころし(<=「トトロ」のメイちゃん風)のお取り寄せをしたのだが、まだ届かないので待ちきれずに成城石井でとうもころしを買ってきた。

当然、Dr. Corn氏の茹で方のとおりにやってみたのだ。

Corn_090906うまいっ。
確かにうまいっ。
おまけに甘いっ。

茹で加減も絶妙、であります。
さすがはDr. Corn氏の長年の研究の成果(?)である。

みなさまもおためしあれ~(^o^)d
今頃Corn氏は大阪ね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

GANGA ZUMBA

Disco_habatake J-WAVEから流れてきた歌声。ミヤさん(宮沢和史)の声だな~、BOOMの新曲かしらん?と思っていたら、聞きなれないバンド名。
それが「GANGA ZUMBA」だった。

宮沢和史(Vo)/ GENTA(Ds)/ tatsu(B)/ 高野寛(G)/ 今福 "HOOK" 健司(Perc)/ マルコス・スザーノ(Perc)/ フェルナンド・モウラ(Key)/ ルイス・バジェ(Tp)/ クラウディア大城(Cho)/ 土屋玲子(Vl.・二胡)

高野寛もいるし、マルコス・スザーノもいる!
夏フェスにも出ていたらしいのですが、気づけばミニアルバムが出ていたので今さらながらi-Tunesで購入。今も聞きながら書いているのだけれど、これがゴキゲン(^^)v
早く買って夏の間中聞いておくんだった。。

ミヤさんのやってる音楽がもともと無国籍というか、そういう活動の中から集まったメンバーなのでしょう。ラテンのような、いろんな音楽が混ざった、独特の世界。
このメンバーでヨーロッパや中南米でツアーもやっていたらしい。これは相当盛り上がったことだろう!楽しいもの♪♪

オフィシャル・サイトで曲の試聴できますので聞いてみてくださ~い!!
このアルバム聞きながら、気持ちは踊りながら会社に行くことにします(#^-^#)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

豆乳ベーグル

Bagel_090606JUNOESQUE BAGEL」の豆乳べーグル。

ベーグルって割とお腹にたまるので、お昼によく食べるのですが、中でも一番のお気に入りはこれ。お水の代わりに豆乳で練りこんであるらしい。なので普通のベーグルよりも幾分しっとり。さらに、中には青大豆まで入っている。

豆好きの私にはたまらないものです(^-^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

小野塚晃TRIO@BAJ

小野塚晃(Pf) / 納 浩一(B) / 鶴谷智生(Ds)
ブルースアレイで見てきました。

晃さんのトリオは、前回行かれなかったのでひさしぶり。
いつ見ても、晃さんはホントに楽しそうにピアノを弾いています。それが音に表れていて、そのまま会場を包みこむのか、会場があたたかくなるようです。

アウトドアが好きな晃さんの作る曲は、自然を感じるものが多いです。そして、ピアノの音からも自然を感じます。太陽の光、風、木々の緑。「霧の八幡平」という曲は、音に霧がかかっているのか?と思うぐらいです。そして、おおらかさ。
大好きな街、という金沢(それも、もっきりやの周辺の通り。そこが楽しいんだそうです)のイメージで書いた新曲は、楽しくてわくわくする感じ。酔っ払って楽しく歩いてる感じ(笑)

かといってずっとおおらかでやさしい感じ、というのではなく、ハードな面もあるんです。それこそ鍵盤を叩きつけるように弾く曲もあります。DIMENSIONのために書いた曲をトリオ編成でもやってくれたのですが、その場合は雰囲気はガラッと変わって都会っぽくなるんです。不思議です。
それに、晃さんの音はさらに多彩になった気がします。

オリジナルとカバーが半々、といった編成で、カバー曲は、Stevie Wonder「Too High」とか、アーティスト名忘れたけど「New Moon」という曲、あとはブラジルの曲と、「Rapsody in Blue」だったかな。どれもかっこよかった。

鶴谷さんのドラムはどちらかというと激しい曲のほうが向いている印象が強くて、トリオの最初の頃は少々うるさいか?と思ったりしたのですが、このトリオも回数を重ねたせいかそういうことは感じなくなりました。トリオになじんでいる。納さんは、いつ見てもしなやか、柔軟。アコベもエレベも弾けて、そのうえ曲の変化には敏感で、涼しい顔してさらっと何でもやってのける。さすがです。

iTunes Music Storeの「Air Jazz」で、この小野塚トリオのライブ音源が配信されています。試聴できますので、興味のある方聞いてみてくださ~い。「Air Jazz」で検索すると出てきます。私もダウンロードしてありまーす。
次回のトリオはすでに来年、2/11に埼玉県蕨市でライブ予定があるとか。小野塚トリオ、いいですよ(^o^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

発表会ありまーす。

ピアノ発表会ありまーす。

voix clare(ヴォアクレール) 音楽教室 演奏会 
「la fete (ラ フェット) 2006」

 2006年10月9日(月・祝)
 午後 4:00開演  午後 3:30開場
 くにたち市民芸術小ホール 

おもなアンサンブル演奏予定曲目

管弦楽組曲 第3番より  G線上のアリア / J.S.バッハ
オペラ「フィガロの結婚」より 序曲 / W.A.モーツァルト
交響曲 第41番より 第1楽章 / W.A.モーツァルト
オペラ「オルフェオとエウリディーチェ」より 精霊の踊り / C.W.グルック
アランフェス協奏曲より 第2楽章 / J.ロドリーゴ
組曲「マ・メール・ロワ」より パゴダの女王レードロネット / M. ラヴェル
サラバンド / L.アンダーソン
映画「スターウォーズ」より メインテーマ / J.ウィリアムズ
映画「海の上のピアニスト」より 愛を奏でて / E.モリコーネ
映画「ハウルの動く城」より 世界の約束 / 久石譲
Triangle / SMAP
あの日の君へ / 川島佑介

その他ソロ演奏多数…

子供から大人まで入り乱れて、クラシックからポップスまで、ピアノやシンセだけじゃなくて歌もあるし、それに今回は時代別にプログラムが組まれています。↑の中にも私が演奏する曲もあるのですが、ソロ(SALTさんの曲ですっ♪)、デュオ、グループ、歌入り、と複数かけもちです(だから練習が大変なんですけど..(^^ゞ)。
どんな曲が演奏されるのかはすべて把握しているわけではないので、私も楽しみなんですよ。

お時間がありましたら、ぜひ見にいらしてください。(もちろん入場無料です)
お待ちしてま~す(^O^)/

| | コメント (0)
|

カレーパンだっ!

前にも載せたことはあるのですが。

Currypan_090306下北沢の「アンゼリカ」のカレーパン!

今までいろんなカレーパン食べたけれど、やっぱりここのカレーパンが一番好き♪
カレーパンって油っこいんだけど、ここのパンは生地がしっかりしているから生地に油がしみこんでないんですよぉ。
下北沢に行くことがあったらぜひ。
同じく、みそパン、白玉あんパンもおいしいでーす(*^。^*)

「アンゼリカ」
東京都世田谷区北沢2-19-15
TEL: 03-3414-5391  10時~ 売り切れ次第終了
定休日:火曜

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

チクチク

何年ぶりだろ、すごーくひさしぶりにミシンかけなんぞやりました。
「なんでこんなに下糸がゆるいの?」と思ってたら、糸のかけ方を間違えていたのでした。取説とっておいてよかった。。でもなんとか縫えるものです。昔とった杵柄?(笑)

チクチクと何か縫ったりとかするのは昔から結構好きなんです。小学校の頃は手芸クラブ(!)だったんですよ。当時はやってたフェルトのマスコット作ったり(たくさん作ったやつどこやったんだろ??大高輝美さんのお人形が好きでした)、編み物やったりクロスステッチやったりしてました。

中学になってミシン使えるようになって、学生の時なんて洋服買うお金もそうそうないからスカート作ったりしてたんですよ。
今回は直線縫いしただけなんだけれど、時間できたらまたやってみようかな。あー、編み物もやってみたいしなー。
あ、でもまた手を広げると余計大変なことになるか。
とりあえず今はダメだ。また現実逃避になっちゃう....

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

マドレーヌ

Takagi_090206いただきもの!
ル・パティシェ・タカギ」 のマドレーヌ!

生地はしっとり。
レモンがきいていて、食べるとふわっとしていてうまし(^-^*)d
何個でも食べられそうだけれど、そこはぐっとこらえました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トナー

会社のコピーは複合機。コピーもファックスもプリンターもすべて1台なので、省スペースになるし便利。

なのだが。
昨日の夕方、帰る間際になってトナーが切れてしまい、さらにトナーの在庫がなかった!そして、あわてて注文したのだった。私はここで帰りました。

で、その後昨日の時点で業者が届けてくれたらしいのですが、それがよりによって型番違い(~o~)昨日はそこまでで終了、となって今朝になってまた業者に電話してみたら「在庫がない」と。。倉庫から取り寄せても午後いちぐらいになってしまう、とのこと。おいおい(ーー;)

結局、届くのを待つより倉庫に直接行ったほうが若干早いかも?ということになり、私が行く羽目になったのだった。立川駅からモノレールに乗って降りた駅は、一面の倉庫、というかいろんな会社の配送所が集まっているところだった。倉庫しか、ない。どこにあるんじゃい!?
トラックの合間を縫うように歩いて(だいたい、こういうところの移動は車か、自転車。人なんて歩いていないのですわ。)、配送所の事務所に行ってトナーを1個受け取って帰ってきたのでした。雨の中。。トホホ。。。

それでも取り寄せるのを待っているよりは少しは早かったんですけどね。
こういう複合機って、トナーがなくなると補充するまで動いてくれない。ファックスが入っているマークが出てるのに受信してくれないし、送ることもできなくなってしまうのです。
便利な機械だけど、こういうときは困ったものです。

ま、それ以前にトナーの在庫確認しておけよ、って話なんですが(^^;;;

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »