« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

マイケル・ブーブレ

michael_022806録画しておいた、オリンピックのフィギュアスケートのエキシビジョンを見てました。

その中で、男子シングル、アメリカのライザチェック(だったかな?)と、カナダのジェフリー・バトルが、この「マイケル・ブーブレ」の曲を使ってました。
(エキシビジョンだと、歌入りの曲も使うんですよね)

「おおっ!」と思って、今日はずっとマイケル・ブーブレ聞いてました。
このアルバムは2004年に出たものですが、デビット・フォスターがプロデュースして、ビッグバンドとともに、シナトラからジョージ・マイケルの曲までをのびのびと歌っております。
かっこいいアルバムです。
彼も来日してほしいなぁ~と思ってるんですけど。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

NELLA FANTASIA

カリグラフィーの課題提出も終わったので、昨日に引き続き、作品のことを書いてみます。

ロバート・デ・ニーロ主演の「ミッション」という映画(私は見ていないのですが)に使われていた曲「NELLA FANTASIA」。エンニオ・モリコーネが作ったこの曲は、サラ・ブライトマンや他のアーティストも取り上げているという、とても壮大な曲です。

私が持っているIL DIVOのアルバムにも入っていて、そのアルバムの中でも一番好きな曲だったので、これを書いてみました。

 ネッラ・ファンタジア   エンニオ・モリコーネ作曲

空想の中で、僕は正しい世界を見る
そこでは、すべてが平和で正直に生きている

空想の中で、澄んだ世界を見る
その世界では、夜もまた暗闇ではない

空想の中の町には
友達のような暖かい風が優しく吹いている

魂の夢は、空に浮かぶ雲のように、いつも自由で
心の底には人間味があふれている

gothic5これをゴシック体を使って書いてみました。
イタリア語です。
写真では見にくいですが、堅苦しくなりがちな字体なので、バックに少しだけ色をつけてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラガーCM

キリンラガーの新しいCM見ましたか?
木村カエラちゃんが出ている「サディスティック・ミカバンド」編と、寺尾聰編。

テレビから「ルビーの指環」が流れてきて何気なく見たら、「おおっ!」と画面に釘付けでした。井上艦(key) 高水健司(b) 今 剛(g) 山木秀夫(ds) というすばらしい顔ぶれ。

キリンのHPで、CMとメイキング映像が見られます。
山木さんもうれしそうにビール飲んでますよ(^^)d

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

しあわせことばのレシピ

カリグラフィーの作品を作るときに、まず必要になるのが題材。
私の場合は、歌詞を書いたりすることも多いのですが、そればかりでもつまらないので、普段から気になる言葉はメモしておいたりしています。

今回、作品を5つ作らなければいけなかったので、何かないかなと本屋の詩のコーナーを眺めていて見つけたのが、この本です。

shiawasekotoba 葉 祥明さんの詩画集「しあわせことばのレシピ」。
この人の絵本はたくさん出ているので、知っている方も多いでしょうね。

以前、カリグラフィーの先生が別の本を持っていらして、それがステキだったんですね。これは最近出たもので、普段使っているなにげないことばについて、詩的に書かれているものです。
絵もきれいなんです。こういうあたたかくてやわらかい色使いは、私の好きな雰囲気なのです。

載っている言葉というのが、「あたらしい」「あたたかい」「ういういしい」「うるおい」「おおらか」「おだやか」「かぐわしい」「かろやか」「さわやか」「しとやか」など。
これが、日本語と英語で書かれているんですよ。なので、このうちのひとつを題材としていただきました。

ancial3私が選んだのは「たおやか」という言葉です。
日本語ってきれいですよね。。
こんな感じになりました。写真だとちょっと暗いですけど。
(写真は、すべてクリックすると大きくなります)

以下、詩の内容です。

 たおやか   葉 祥明
 
自分というものを
しっかり持ちながら、
どんな変化や状況にも
あわてず焦らず、
柔軟に対応することが大切です。
自分と世界との
絶妙なバランス、
それがたおやかさです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

小曽根真 ソロピアノ

小曽根さんのソロピアノ聞いてきました。
場所は、東京文化会館。

「あまりやってない曲をやります」とのことで、オープニングはピアソラの「天使の死」。この曲好きでよく聞いていたので、私的には「つかみはオッケー!」(笑)
「Waltz for Ronko」(という曲は、SALTさんが高校生の頃に聞いていて「コピーしたんですよ」とDuetのときに小曽根さんの前で弾いたそうで、「その時僕は弾けなくて、くやしくて今日弾きました」と言ってました(笑)

小曽根さんのピアノは、曲ごとに雰囲気がくるくると変わり、強かったりやさしかったり、はかなげだったり、あたたかかったり。1曲の中でも、本当に音色に幅があるんですよね。。。
「PANDORA」「Lullaby For Rabbit」「Tea for Three」「Wild Goose Chase」「Stinger」「You Are Not Alone」スタンダードの「It's All Right with Me」もありました。

SALTさんの「pray」も弾いてくれました。小曽根さんの「pray」を聞いていると、1本の光の筋がすーっと上へのぼって行って、最後に強い光を放つ、そんな感じがします。

「Spanish Waltz」もやりましたよ!
SALTさんが弾くのとはまた雰囲気が違って、強さが前面に出てるっていうのかな...それもまたすばらしかったです。
サイン会のときに小曽根さんに、SALTさんも最近ひとりで「Spanish Waltz」弾いてますよ、と言ったら「俺の方がうまかったでしょ(笑)」と言ってました(^^)

この日は三鈴さんのお誕生日だったそうで(三鈴さんはお仕事でいらっしゃらなかったのですが)、「初めて会った頃に作った曲です」ということで、「Before I was born」をアンコールでやってくれました。こういうところがニクイいですよね、小曽根さん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

TOKU YAMAKI DREAM EDITION

TOKUさんのライブ。
メンバーは、山木秀夫(Ds) 小島良喜 (Pf, Key) 河上修 (B)。
これだけで豪華です。

山木さんと小島さんは、TOKUさんの「A Brand-New Beginning」でも半分以上参加されているのです。これがまたよいのです(^^)d
でも、TOKUさんが山木さんとちゃんと一緒にライブをやるのは初めてなんだそう。その割には、最初から楽しそうなみなさま。予定にはない曲を演奏し始め、おまけに、最後の曲が終わっても、また違う曲を弾き始め、なかなか終わらないんです。聞いてるこっちは楽しいからいいけど!

この日は、桑名正博さんが見に来ていて、アンコールで勝手に出てきて(笑)、なんと「セクシャル・バイオレット No.1」を歌う。私のような「ザ・ベストテン」世代にはなつかしすぎます。。
他にも、大江千里さんと久保田利伸さんが見に来ていて、無理やりステージに呼び出し、「Let it be」をセッション。だが、誰も歌詞をちゃんと知らないという...(^_^;)
千里さんも久保田さんもよくアルバム聞いていたので、「うぉ~!」でした。

楽しいライブでした。同じライブ、大阪と名古屋でもやるみたいですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

フィギュアスケートっ!!

いやぁ~、取りましたねぇ。金メダル。
5時に起きて生で見ちゃいました(^^ゞ

荒川静香選手の演技はすばらしかったですね。
見ながらウルウルしてしまいました。
滑りがなめらかで、かつスピードもあってメリハリがきいてて、美しくてかっこよかった。素人の私が見ても、ダントツだったと思います。はい。

村主さんもよかったと私は思いました。彼女ってバレリーナみたいで、指の先まで神経が行き届いている感じ。ちょっと泣き顔(失礼!)だし見てて切なくなってしまうのね。それに、ラフマニノフの曲に動きが合ってた。安藤美姫ちゃんは4回転成功して欲しかったけど、「楽しかった」と言ってたし、彼女はまだまだ次もあるから。

でも、いつも完璧なスルツカヤ、SPではミスなしのコーエンでさえ転倒してしまうのだから、オリンピックの雰囲気って独特なんでしょうね。イタリアのコーエンも、国中の期待が相当なもプレッシャーだったんだろうな。。

それにしても、ああいう場で自分の力を発揮できる精神力には脱帽です。
オリンピックに出た選手、みなさんに拍手です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

TOKU 『A Brand-New Beginning』

toku_022206 TOKUのニューアルバム『A Brand-New Beginning』。
(SONY JAZZのサイトで試聴できますよ↑)

シャーデーのカバー「Kiss of Life」でTOKUの声にやられて以来、TOKUさんのアルバムはすべて持っているわたくしです(^^)
今回のアルバムもいいですよ~♪

ライナーノーツに書かれてましたが、前作の「30」が今までの集大成で、そしてTKYでの活動を経てできたこのアルバム。なんと言ったらいいかわかりませんが、ちょっと雰囲気が変わったかもしれません。(ご本人は「POPなアルバム」と言ってます)オリジナルの曲も増えたし。日本語の曲も歌ってるし。

それに、レギュラーバンドの方達に加え、いろんなミュージシャンも参加してます。西脇辰弥さんのハーモニカも聴けるし、山木秀夫、小島良喜、高水健司、村上"PONTA"秀一、小沼ようすけ(小沼くんはTKYでも一緒ですが)、それに、SALTさんですよ♪

SALTさんは、「One Moment of Love」という曲でTOKUとDuetでやっていますが、これがもう......先日の「SALT + TOKU + GEN」でも言ってましたが、TOKUと向かい合わせで録音して、ヘッドフォンから流れてくるTOKUの声に「メロメロ」だったそうです。しっとりとしたバラードですが、TOKUの甘い声と、SALTさんのやさしーい、歌い手を歌わせるピアノにはうっとりしてしまいます。ぜひ、ヘッドフォンでご自分の世界に浸ってください(笑)

明日はTOKUのライブで生で聴いてきまーす(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ALWAYS

やーっと「ALWAYS 三丁目の夕日」を見てきました。

堤真一出てるので、見なきゃ!と思っていたのですが、やっと。
この映画、すごく評判がいいみたいで、ロードショー公開は終わってるけれど、上映が延長されているみたいです。

舞台は昭和33年の東京。東京タワーはまだ建設中。
道路には都電が走り、活気のある商店街にはさまざまな人が暮らしている。
ひょんなことから子供を預かることになった少年小説を書く駄菓子屋の主人(吉岡秀隆)、ひとりで自動車修理工場をおこした職人かたぎの男(堤真一)、それを支えるやさしい妻(薬師丸ひろ子)、集団就職で青森から上京してくる女の子(堀北真希)、過去のありそうな飲み屋の女性(小雪)、空襲で妻子を亡くした医者(三浦友和) etc...あと、ワンパクな子供達。

大きな事件が起こるわけではなく、日常の中にそういった人々の交流があるだけ。それだけなんですが、人とのつながりとか、人が人を思いやる気持ちっていいもんだなぁと、ウルウルきてしまうんですよ。映画の中で何度も。それに、子役の子達がいいんだよな。。

昼間見に行ったというせいもあるのか、年齢層は高めだったかも。普段映画を見ないような人達も見に行っているのかもしれません。
でも、こういう映画がウケる、ってことは、こういう人間どおしの交流を求めている人が多いってことなのかしら。

いい映画ですので、ぜひ見てみてください。
絶対オススメです。ハンカチ準備して。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

チャーハン

ご飯が余っているとき、冷蔵庫の残り物でチャーハンを作ることってよくあると思います。
チャーハン作るとき、どういう手順で作ります?

チャーハンって、外で食べるとご飯がパラパラっとしているけれど、家で作るとベチャッとすることないですか?以前、NHKTYの「ためしてガッテン」でやっていたのですが、プロが作るチャーハンというのは、ご飯の周りを卵がうまいこと取り囲んでいるので、油がしみこんでこないそうなんですよ。火力が強いっていうこともあるけれど。

結局のところ、卵が半熟のうちにご飯を入れて、その周りに膜を作ってあげればいい、ってことらしい。
その番組でもおいしいチャーハンの作り方はやっていたのですが、最近は、卵を溶いて先にご飯に混ぜてしまってから、焼き付けるようにして炒めることにしてるんです。そうすると、結構うまくいきます。

「ご飯にお酒を振り掛けておくとパラパラになる」と、これまたどっかのテレビ番組でやっていたのを母親が見たらしいです。今度チャレンジしてみようと思います。
他にもいい方法があったら教えてくださ~い。

某ピアニストの方も、以前中華鍋を買ってチャーハンの作り方を研究したそうですが.....(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

今日のおやつ

torayaki_022006今日のおやつ。
たねや」のとらやき。
中は白いんげんのあんこでした。さすが「たねや」のお菓子はおいしい。

ひな祭りが近づくと、さくら餅とか出てきて、これまたおいしそうなんですよね~(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

創作活動? その2

昨日、カリグラフィーの課題が全部終わりました~(^^)v
(引きこもり生活ももうちょっとです(笑))

習ったことのある文字とはいえ、まずは文字を練習してからなので時間がかかるのです。さすがに5書体ともなると、苦手な書体もあるし。。。
この間載せたのが2種類で、あと3種類。

roman1これは「ローマンキャピタル体」。
ローマ時代から墓石に刻まれているような、余計な飾りのないまっすぐな書体。

ancial1
「アンシャル体」。
5種類の中では一番古いかな?
昔の聖書はこの事態で書かれていることが多いみたい。
大文字と小文字の区別がない、丸っこい書体。

italic1
「イタリック体」
おそらく一番読みやすくて、文字に変化もつけやすい書体です。
「カリグラフィー」と言ったらまず思い浮かべるのがこの書体で、最初に習うのもこれです。

出来上がった作品は、おいおいまとめて載せます。

ひとつ肩の荷がおりたので、録画しておいた「時効警察」もこれから見ます(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ポップコーン

popcorn_021906いただきものなんですけど、レンジでチン!すればできるポップコーンです(^^)

紙袋にコーンが入っていて、それをそのままレンジにかけると、最初はペッタンコだったものが、「ポン!」「ポン!」というはじける音とともに、だんだんふくらんでくるんです。なんか楽しい。

袋を開けて、付属のバターソースをかけて、混ぜ混ぜしてできあがり。
おいしくいただきました♪
カナダのおみやげらしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

saltylike 2

saltokugen2これ、STBのメニューです。
SALT + TOKU + GEN のお三方のカクテルが載っているので、ちゃっかりこれにサインをいただいてきました(^^ゞ
このように書いてありました。

saltylike (ソルトレイク、ではない(笑))
 青い空、蒼い海、照りつける太陽の下、”塩”風の薫るそんなカクテルを用意しました。フルーティーな味わいを塩がピリッと引き締めます。

酒と薔薇の日々(TOKUさんのカクテル)
 スモーキーで、それでいて綺麗な、その甘い味わいは、まるで歌声のよう。バラを象徴としたウィスキー"フォアローゼズ"にカシスを加え大人のカクテルに仕上げました。その歌声に酔いしれて…

スウィンゴザ(大儀見さんのカクテル)
リズムがSWINGする、楽しむをGOZARでSINGOZA。キューバ特産のラムに刻んだライムを加えたら、コンガの刻むリズムのように楽しげに踊ります。


ステージ上でこの文面を読んで、さんざんMCのネタにしてました(笑)
このカクテルを飲んでるお客さんに、「いかがですか?」と感想聞いてました。
大儀見さんのはちょっと強いみたいです。

pizza_stb_021806おまけ。
STBは、ごはんがおいしいんですけど、今日は「地鶏とポテトのピザ」を食べました。あと、メニューに載ってなかったりしますが、私はSTBのピクルスが好きです(^^)d

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

SALSA SWINGOZA

salsaswingoza_021906大儀見さんの「SALSA SWINGOZA」のCD「SWIN' PA'GOZAR」です。
かっちょいいですよ~♪
塩夜でもソルトクゲンでも歌ってた「Sabor A Mi」も入ってます。

STBに持参してサインもらっちゃいました(^^)
6月にライブアルバムが出るらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

saltylike

「SALT + TOKU + GEN」のライブでは、それぞれにちなんだオリジナルカクテルが作られていました。

TOKUさんのは、ご本人がCMにも出ている、FOUR ROSESをベースに、カシスリキュールと紅茶が入っているもの。
大儀見さんのは、ラムベースにライムが入っているもの。

saltylike_021706SALTさんのは、これ「saltylike」。

グレープフルーツリキュールがベースになっていて、フルーティーで、「塩」をきかせたもの。さわやかな風、のイメージだそう。飲みやすかったです。

このカクテルネタで、さんざんMCが盛り上がってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

冬なのに。。

「SALT + TOKU + GEN」のライブがSTB139であったので、始まる前に、六ヒルの「Cold Stone Creamery」に行きました。ひさしぶり!

berryberryverygood今日は、「ベリーベリーベリーグッド」(^^)
スイートクリームアイスクリーム、ストロベリー、ブルーベリー、ラズベリー、それにグラハムパイクラストをトッピングしました。
冬に食べるアイスも、これまたうまし(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

シブースト

sundaybrunch_021606 久しぶりに下北沢に行ったので、「Sunday Brunch」 に行って、ケーキを買ってきました。

フルーツがたくさん乗ったタルトが多いんですけど、めずらしくシブーストがありました。おいしかった(^^)d
ここはカフェも併設されていて、カフェめしもおいしいんですよ♪


関係ないけど、オリンピックのスノーボード・クロス、おもしろいですね~!
女子も楽しみです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

抹茶ラテ

maccya_late_021605 スタバの「抹茶ティーラテ」
緑が濃いでしょ?
抹茶も思いのほか濃くておいしかった(*^-^)b
前からこんなのあったかな?

携帯から投稿してみたのですが、できるものですね。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

創作活動? その1

派遣の仕事がひと段落して、ただいま、次の仕事までちょっと間があるのです。毎日、オリンピックばっかり見てると思ってます? <= 見てるけど(^_^;)

何をやっているのかというと(ちょうどいいので引きこもってカリグラフィーの課題に取り組んでいるのです。だいたい、締め切りってものがあっても、直前にならないとやらない性格なので、今になってあわててまとめてやっているというわけです。はい。

カリグラフィーの書体にもいろいろな種類があるのですが、今回の課題は、5種類の書体でそれぞれB4サイズの作品を作る、というものなのです。
あわててやってるから大変なのですよ。自業自得なのですが...

060124_15290001 全部できたらまとめてアップしようと思っているのですが、こんな感じです。

これは「ゴシック体」。






060216_00380001これは「カッパープレート体」。

どっちも練習段階。
作品として完成したら、ちゃんと載せます。

とりあえず、あと1種類なのです。。。。。アセアセ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

労働者M

Bunkamura シアターコクーンで、ケラリーノ・サンドロビッチ作・演出「労働者M」を見てきました。
主演は堤 真一(^^) 他にも小泉今日子、松尾スズキ、秋山奈津子 etc...

堤さん出てるし、出演者は演技派が多いのですが、私はどうもケラが作るお芝居は合わないらしく、なんかよくわからずに終わってしまったのですよ。チケットなかなか取れなくて、立ち見だったし、3時間半は長いよな。。

珍しい出来事がありました。
途中、映像と一緒に出演者を紹介するのですが、そこでパッタリと音がでなくなってしまったのですよ。そういう映像なのかと思っていたら、あわてて舞台監督さんらしき人が出てきて「音が出ません」というお話。どのぐらい時間がかかるのかもわからないので、とりあえず役者さんが何人か出てきた。堤さんも(^^)

そこに松尾スズキも加わって、とりあえずの場つなぎ。「じゃあ、質問タイムにしましょう!」とか言って、「バレンタインの思い出は?」などと、まぁ、どうでもいいような話がゆるーく続いていく。堤さんは甘いものが苦手で、お酒をもらうことが多いらしい。最近やたらと週刊誌をにぎわしている堤さんなのですが、「嘘ばっかりです(^_^;)」とか言ってました。このときばかりは「素」の堤さんなので、オペラグラスでしっかりと見てきました(笑)

結局まだ復旧できず、そのままとりあえず休憩。
お芝居は何度も見に行っているけれど、こんなことは初めてだった。
毎日上演されていても、こういうことってあるんですねぇ。でも、そっちのほうが印象に残ってしまったお芝居なんですけどね(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オリンピック

トリノ・オリンピックが始まった。
開会式の豪華なこと。イタリア、っていう国の個性が出てたと思います。フェラーリのマシン組み立てて動かしちゃうところもすごい。聖火の点灯もかっこよかった。オノ・ヨーコも出てた。ピーター・ガブリエルが「IMAGINE」を歌ってた。それに、パバロッティが歌ってた!
さすがはイタリア。日本でやったら、誰が歌うかなぁ、なんて考えた。
(そういえば、長野オリンピックの閉会式のときは、AGARTHAが「WAになって踊ろう」歌ってましたよね。)

J-WAVEの番組内ブログで「トリノ新聞」というのがあり、トリノに住んでいる日本人の方のオリンピック期間内限定のブログでおもしろいですよ。
別のページには、フィギュアスケートの6種類のジャンプの違いの解説もあったりして、興味深いです。フィギュアはもともと好きで、オリンピックじゃなくてもNHK杯とかは見てるのです。スルツカヤのビールマンスピン、好き。ロシアの選手は、バレエの要素が強いのか全体的に美しいんですよね。。

オリンピックを見るのは好きなのですが、リアルタイムで見るのはかなりつらいので、ハイライトで見ることが多いのだけれど、おもしろい。ウィンター・スポーツをほとんどやらない私にとっては、スケートにしてもスキーにしても、滑れるだけですばらしいと思うのですよ。

上村愛子ちゃんの「コークスクリュー」もきまってたのに得点に結びつかないのは、それだけ全体のレベルが高いってことなのかしら?
初めてちゃんと見ておもしろかったのは「ハーフパイプ」。どうしたらあんなに高い位置までジャンプできるのよ!?おまけにその状態で回転、それも1回転なんてもんじゃない。720度
(seven twenty)、900度(nine hundred)、1080度(ten eighty)まである。カメラに空が映ってるもんなぁ。。自分も一緒に飛んだ気になってた(笑)

日本は、マスコミがメダル、メダルって騒ぎすぎるところがあるけど、ああいう場で自分の力を出す、というのは相当すごいことだと思う。他の国の選手でも、最有力と思われてた人がダメだったり...でもやっぱり、人が真剣にひとつのことに取り組んでいる姿は美しいですね。

そうそう、開会式で選手入場のときにやけに懐かしい洋楽ばかり流れていて、かなり楽しかった。「YMCA」の振り付けを家でやっておりました(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

BENT FABRIC

最近、プチ引きこもりのような生活をしているので、1日中J-WAVEをかけっぱなしにしています。そのせいで、1日に何度もかかる曲は自然と覚えてしまうのですね。

MONKEY MAJIKにしてもそうなのですが、他にも気になるアーティストはいて、そのうちのひとりがBENT FABRIC。「JUKEBOX」という曲を初めて聞いたときに、やたらとピアノがかっこいいので「おおっ!」と思ったのですよ。

このBENT FABRICという方、デンマーク生まれ、なんと81歳の現役ジャズピアニストなんだそうです。どおりでピアノがかっこいいはずです。その人が、若手のボーカリストと一緒に作ったアルバムなんだそうですよ。一聴すると、かっこいいダンスチューンですから(^^♪
(HPで試聴してみてください!)

先日、塩谷トリオの「Afterscent」を聴いていて、ちょっと「JUKEBOX」と同じニオイがしたのですよ!
SALTさんにも、81歳になってもBENT FABRICみたいにかっこいい曲を作ってほしいものです(^-^)!

追加。
竹善さんも紹介してましたけど、JAMIE CULLUM(ジェイミー・カラム)の新作「CATCHING TALES」もかっこいいですよ。イギリス生まれの26歳。ジャンルでいったら一応JAZZになりますが、それだけにとらわれない自由なピアノとボーカル。声もちょっとかすれてて、印象に残る声です。6月に来日するみたいですね。
前のアルバムに入ってた曲を、竹善さんはどこかで歌ってましたよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

モンキーマジック

私ぐらいの世代で「モンキーマジック」と聞いたら、やはりゴダイゴ、ですよね。

それも「西遊記」。
三蔵法師が夏目雅子で、孫悟空は堺 正章。猪八戒は西田敏行で(Part2は左とん平だっけ?)沙悟浄は岸部シローであります。
「モンキーマジック」はオープニングテーマで、エンディングは「ガンダーラ」だった。

日本のバンドで英語で歌っていて、さらにメンバーに外人さんもいて、というのは珍しくて、とても興味がありました。なんだか不思議なバンドでした。

で、今また「西遊記」やってますよね。香取慎吾が孫悟空で、三蔵法師は深津絵里。
このエンディングテーマが気になっていたのですが、バンド名がなんと「MONKY MAJIK(モンキーマジック)」というのです。偶然なのか?

この曲が「Around The World」というのですが、これがまたかっこいいんですよ。
で、最近よくラジオで耳にする曲で「Fly」という曲がいいな、と思っていたら同じバンドの曲だったんですよ。このバンドも日本人と外人さんが一緒にやってて、まるでゴダイゴみたい。試聴できるので聞いてみてください。かっこいいですよ!

.....と思っていたら、竹善さんもブログでMONKY MAJIKをすすめていた。さすがは竹善さん!

そういえば、洋楽でゴダイゴの「モンキーマジック」をサンプリングして使っている曲がラジオで流れてたんだけど....バンド名も曲名も聞き逃してしまいました。
どなたか知りませんか?


P.S. ↑この曲、今日ラジオでかかってました。
SKEEWIFF VS JUNGLE BROTHERS というイギリスのバンドの「FUNKY MAGIC」でした。その昔、イギリスでも「西遊記」が放送されていたんだそうです。あー、すっきりした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

今日のチョコ 6

coppeneour 最後の1個。梅干みたいですが...
『コッペニア(ドイツ)』のブラウベア。
(日本にはまだ出店してないようです。)
「ブルーベリー入りの柔らかいガナッシュをホワイトチョコレートの中に入れた。ドイツらしいフレーバートリュフ。」と書いてある。



coppeneour2割ってみるとこうなってました。
ブルーベリー色。
説明にあったとおり、中はやわらかかったです。
それに、甘酸っぱいブルーベリーの味。周りのホワイトチョコも甘さがひかえてあるので、ブルーベリーがしっかりと味わえました。

このチョコ、形からしてかわいいので、最後までとっておいた甲斐がありました。
これで6個入りのスペシャルボックスはおしまい。
6個だけでも十分楽しめました(^-^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ちくわぶ

好きなおでんのネタは何ですか?
と聞かれたら、たぶん「ちくわぶ」と答えます。
他にも好きなものはあるけれど、これは小さい頃から好きなんです。

この「ちくわぶ」。
関西にはあまりないらしい、とちらっと聞いたことがあるのです。
(ほんと?>関西の方々)
国語辞典で調べてみると「小麦粉をこねて竹や金属の棒に巻きつけて蒸し、竹輪に似せて製した食品。おでんに入れる。」と書いてあります。
「竹輪」みたいな「麩」というわけです。

いろいろサイトで検索した結果、明治時代に最初に作られ、もともと関東特有のものであったのが関西や九州に広まって行ったらしい、ということがわかりました。でもなぜか、関西にはあまりないんだとか。やはり、一番消費されているのは関東みたい。

食べたことがない方のために説明すると、要するに、小麦粉を練ったものですから、京都とかによくある「生麩」みたいなものです。もっと簡単に言うと、形状は違うけど、うどん、みたいなもの。それが竹輪のような筒状の形をしているわけです。それを切っておでんに入れるのですよ。

うどんはよく煮込むとトロトロ~、になりますよねぇ。
だから、ちくわぶもよーく煮込むと同じようにトロトロになるわけです。それが、おいしいのです(^O^)d
ほかのネタ、いわゆる魚のすり身を使った練り物とはまったく違うのですが、なぜか好き。

なんでこんなこと書いたか、っていうと、今日おでん食べたから(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

今日のチョコ 5

街はバレンタインチョコ一色です。
別に買わなくてもつい「どんなんが売ってるんじゃ?」とのぞいてしまいます。

pascal_020906

パスカル・カフェ(フランス)』のタンドレス・レ。

「アーモンドプラリネとヘーゼルナッツジャンドゥジャをコートジボワール産カカオ40%クーベルチュールで包んだボンボンショコラ」だそうです。

プラリネがサクッとして、さらにナッツの風味が口の中に広がって、おいしい♪甘さはかなりひかえめで、いくつでも食べられそうです(笑)

パスカル・カフェは、今バレンタインチョコ売場でよく見ます。なんでも、史上最年少でフランス国家最高職人をとったとか、パティスリー世界一になったとか、輝かしい経歴の持ち主の方のようです。

私がよく見ている、「どっちの料理ショー」は、今日はチョコレートスイーツ対決だったのです。
トシ・ヨロイヅカ」と「サロン・ド・テ・スリジェ」。
どっちもおいしそうだったな。。
またチョコ食べたくなりました(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

竹善ツアーファイナル

やはり、竹善さんはすごいボーカリストだと思う。
「今日も君に恋してる」から「ECHOES」まで、これだけ幅広い曲を歌いこなせるんですから、さすがです。ライブごとの好・不調があまりなくて、安定してるし。それに、バンドにもこだわってるし。

特に、今回のバンドはリズム体がとにかくすごい。
山木さんと大儀見さんを見てるだけでも楽しい。(つい、竹善さんを通り越してふたりを見てしまうのね....)もちろんSALTさんも♪
バンドサウンドなので、SALTさんの音だけを聞いているというよりはバンド全体の音を聞いている、という感じなのだけれど、時々キラリンと聞こえてくるピアノの音に「ウゥゥゥゥゥ~♪フゥワワワ~♪」(心の叫びなので、あまり意味はない。)となる私。

今回のライブのツボは、前半「夏の彼方」。
「Discovery」の中で、地味だけれど印象に残っている曲で、なつかしかった。。10年ぐらい前の曲ですね。この曲のSALTさんソロがかっこよくてねぇ(^^♪ピアノにドラムとパーカッションが自在に絡んできて、これがまたかっこいいのなんのって!さすがはこの3人は違うねぇ、とひとりでうなっていたのでした。

それと、最後の曲「ECHOES」ですわ。前のソロツアーのときも、この曲いいなぁと思ったのだけれど、曲の世界が大きくていいなと。大儀見さんと山木さんのアフリカンっぽい音との相乗効果で、さらに世界が広がっていたと思います。
この曲を最後に持ってきたところがまた憎いねぇ、竹善さんってば。

前回のツアーはホーンが入っていたけど、今回はそれを西脇さんが一手に引き受けていて、ストリンスグスからホーンまで音を自在に操り、これまたさすがだな、と。ハーモニカもステキだし。そうそう、メンバー紹介のときに竹善さんに「横の人、見えないでしょ」と言われ、前に出てきてスティービー・ワンダーの「Isn't she lovely?」を吹いてくれたのだ。SALTさんもRhodesで参加してた(^^)

今日のライブの模様は、5月末にDVDで発売されるらしい。「夏の彼方」入るといいな。。
竹善さんは、よほどこのメンバーがお気に召したのか、来年もやりたいと言っていた。またソロツアーですかい?SLTはやらないの?(^_^;)

それにしても。今日もMCは長かったです(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

今日のチョコ 4

bel_amerベルアメール(日本)』のカフェオレ。

「バターとミルクチョコレート、コーヒーの滑らかなムース仕立てのショコラ。ラム酒をきかせた大人の味わい」と書いてありました。

確かに、チョコレートの味もしっかりとしながらも、後からコーヒーの味がフワーッと広がるんですよ。
いやぁ、チョコレートって一粒食べただけで幸せですよねぇ(笑)

cheese_kinotoya_020706おまけ。
先日の「北海道展」で買ってきた、『きのとや』のチーズタルト。
タルト生地に、チーズムースとブルーベリージャムが入ってます。

チーズムースなので甘くなくて、ブルーベリーが甘酸っぱくて、おいしいです。伊勢丹の広告に出ていて「これは買いだ!」と思たので、当たりでした(^^)v やっぱり鼻がきくのね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

書道展

フォーラム仲間が習っているという、インテリア書道展に行ってきました。
青山の骨董通りをちょっと入ったところにある「キャレモジ」というところ。

moji3_0206写真がうまく撮れてなかったので、ひかるさんの撮った写真を拝借しました。(ありがとー!!ひかるさんのブログはこちら。)

インテリア書道というのは、和室にも洋室にも飾れるような、モダンな感じの書道です。装丁もいわゆる「書道」のような掛け軸だったり、和風の額ではなく、シンプルな額にマットを入れて仕上げてあります。文字は、漢字一文字が多かったかな。

要するに、堅苦しい書道というイメージではない、自由にのびのびとした書道、というところでしょうか。HP見てみてくださいね。

去年もこの作品展を見たのですが、今回の彼女の作品は「祈」という文字でした。
縦長の装丁になっていて、ブルーの内側にさらに白のマットが入ってました。縦長の形は、教会の窓を思わせ、文字とマットの色の組み合わせから、崇高なイメージでした。そして、その「祈り」が上に向かっていくような、そんな感じがしました。

墨は一色ですから、水墨画がそうであるように、濃淡で表現したりしますけど、「祈」の文字の中にも濃淡があって、それで全体の緊張感を和らげているように思いました。

他の作品も、「樹」「風」「桜」「咲」「笑」「道」etc...といった文字そのものが持つ力を表すような字と、額装もみな同じでなくて、それぞれ個性的でおもしろかったです。

お習字は苦手でしたけど、こういうのだったら楽しいかもしれないな~。
去年の作品展の様子は、ここ。下の方に載っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

エクレア♪

eclare_mamours青山に行ったついでに、エクレア買って来ました(^^)v

風のうわさで(笑)、ここのエクレアがおいしいと聞いていたので、いそいそと向かいました。(たまたま聞いたラジオ番組でやってたんです!)
去年、表参道の駅が改装されて駅構内にお店がたくさんできたのですが、その中にできた「mamourS(マムールエス)」というスイーツのお店。
資生堂パーラーがやってるんだそうです。

エクレアは、ショコラ、カフェ、バニーユ、フランボアーズ、そしてシトロンの5種類あります。1個\160なので、ちょっとつまむのにいいかも。
フランボアーズ(写真のピンクのやつね)を食べたのですが、中もちょっと酸味のあるフランボアーズクリームいっぱい!外の皮はさっくりでおいしいですぅ(^^) 全種類食べちゃいそうな勢いです。。

エクレアの他に、色とりどりのマカロンもありましたよ。
表参道駅の、A3出口のほうの「MARCHE DE METRO」というフードコートの入口にありま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日のチョコ 3

guido_gobinoグイド・ゴビーノ(イタリア)』のジャンドゥイオッティ・マキシモとアル・カフェ。
ジャンドゥイオッティというのは、カカオとヘーゼルナッツを使ったチョコレートのことだそうです。ジャンドゥーヤ、という名前でだったらご存知でしょうか。その昔、イタリアでカカオの値段が高騰して手に入りにくくなったときに、ヘーゼルナッツの粉末を混ぜてチョコレートを作ったのが始まりとか。
マキシモはミルクを使わずに作ったもので、アル・カフェはコーヒーが入っているそうです。


わたくし、ヘーゼルナッツ好きです。
ジャンドゥーヤ好きです。
ですから、このチョコレートはかなりツボでした。
うんまい(^.^)d

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お祓い

毎年、車のお祓いに行ってます。
車と言っても、通勤に使っているというわけではないので、それほど頻繁には乗っていないのですが、この車、買って早々にぶつけたりしてかわいそうなことをしたので(泣)、それ以来毎年お祓いしてもらっています。

普段は占いがどうとか、あんまり気にしてはいないのですが、厄年の時も一応お祓いしてもらったし、こういうときだけは日本人だなぁって思いますね。気持ちの問題なんですけど。

お祓いしてもらった後で、いつも御神酒とお茶とお饅頭をいただけるんですが、このお饅頭がおいしいんですよ(笑)

そういえば、前厄の某ピアニストも厄払い行ったでしょうか.....
何かあるといけないから、行っといてくださいよ!SALTさん!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

プリン

letao_pudding_020406 昨日のストロベリー。ドゥーブルと一緒に買ってきた、ルタオの 「小樽ジャージープリン」。

伊勢丹の北海道展では売切れてたんですけど、新宿三越にも出店していて、そこにはあったので買ってしまいました(^^ゞ

ジャージー牛乳を使用しているので濃厚で、さらにこちらも2層になっていておいしかったでーす。
買ってきたスイーツはまだ他にもあるんですよねぇ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

兄おとうと

紀伊國屋ホールで、こまつ座の「兄おとうと」を見てきました。
井上ひさし脚本で、今回は1場面を加筆しての再演です。

兄、吉野作造は政治学者。弟、吉野信次は官僚。
10歳違いのこのふたりは、兄弟なのに一緒に枕を並べて寝たことが一生のうちでほんの数回しかなかった。そのときのエピソードが順を追ってつづられます。
このふたり、互いの仕事上の立場もあり、会えばすぐに議論になってしまう。そんなこともあって、疎遠になることもしばしば。でも、実は心の奥底では互いのことをとても思いやっているのです。。

このふたりを支える妻どおしも姉妹。
互いの夫を支え、ふたりが思いやっていることをちゃんとわかっているんです。
そして、この弟の妻を演じていたのが、神野三鈴さんです。
三鈴さんは、お芝居によってとても印象が変わるのですが、今回はかわいくてしっかりした奥様、でした(^^) 

こまつ座のお芝居は、劇中音楽ならぬ、劇中歌が入ります。役者さんは、時には踊りながら歌う、さながらプチ・ミュージカルのようです。(劇中の歌は、クラシックやらジャズの曲に井上ひさしさんが歌詞をつけています)戦争が絡んだ深刻な話もありながら、コミカルな面もあり、おもしろかったです。
今回追加された、説教強盗の話も!宮地雅子さん、好きです~。

こまつ座のお芝居は、なかなか取りにくかったりするのですが、ハズレがないと思いますよ。これから地方を回るようです。

「三度のごはん きちんと食べて 火の用心 元気で生きよう きっとね」
この歌が頭から離れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

時効警察

金曜日の23:15~テレビ朝日系でやってる、オダギリジョーと麻生久美子が出てる「時効警察」がおもしろい!

警察の時効管理課に勤める霧山(オダギリジョー)は、休日に時効になった事件を調べるのが趣味。毎回、時効になったひとつの事件を霧山が解明していく、というストーリー。

ただ、他と違うのは、事件を解決してもすでに時効になっているし、単に趣味で調べているだけなので、それ以上犯人を追及して警察に自首するように、とは言わないこと。

それに、ドラマ自体が全体にゆる~い感じなので、悲壮感がまったく漂っていないのですね。登場人物もなんかみんな変だし。。
もともとこのドラマ枠って「TRICK」とかやってて、ちょっと変わったドラマを放送してるんですね。だから、今回もその流れみたいです。

今やってるドラマでは一番おもしろいかもしれません。オススメですよん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

THE 有頂天ホテル

三谷幸喜脚本・監督の「THE 有頂天ホテル」見てきましたっ。
おもしろかった(^^♪

三谷さんのお芝居とかドラマは大好きなので、楽しみにしてたんです。
今回の映画はとにかく出演者が豪華!役所広司、松たか子、戸田恵子、香取慎吾、伊東四朗、西田敏行、津川雅彦、唐沢寿明、生瀬勝久、オダギリジョー、佐藤浩市、篠原涼子、麻生久美子、川平慈英、浅野和之、角野卓造、 原田美枝子、YOU、近藤芳正、梶原善、寺島進 etc....

とあるホテルの大晦日。10時過ぎから年が明けるまでのほぼ2時間がその時間通りに進行します。とにかくやたらとトラブルが起こります。登場人物それぞれのエピソードが細かく散りばめられて、それがうまいことつながるんですね~。三谷さんの書くストーリーは、ドタバタ劇のように展開しながら、最後はなんとなく収まっちゃうんですね。「ラジオの時間」もそうでした。

細かいこと考えずに楽しめる映画だと思いますよ~。
笑えるところいっぱいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ストロベリードゥーブル

新宿伊勢丹で大北海道展をやっているので、いそいそと行ってきました(笑)

strawberry_020306 目的のひとつが、ルタオの「ストロベリー・ドゥーブル」(^^)
基本はドゥーブル・フロマージュで、上の層がイチゴ味になってます。どんなかな~?と思ってたんですけど、チーズの味もするし、イチゴの味もするし、ちゃんと両方の味がしておいしかったでーす♪

ちなみに、北海道展は2/6(月)まで。
バレンタインの時期なので、他にも出展予定があるみたいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ポッド・キャスティング

先月、i-Pod nanoを手に入れました(^^)v
前から欲しかったのだけれど、たまたま見に行ったらちょうど入荷したところだったので、「これは私に買えってことね!」と思い(笑)、衝動買いしました。

何が便利って、CDとかMDみたいに入れ替えなくていい、ってこと。とりあえず、今は何でもかんでも入れて、シャッフルしては楽しんでます。転送するのも早いしね~。

んでもって、ポットキャスティングですよ。
買う前は、なんじゃいそれ?関係ないしな。。と思っていただけれど、要するに、ラジオ番組とか、専用番組をダウンロードして聞ける、ってことなんですねぇ。それに、一度設定しておくと、更新した都度、自動でダウンロードしてくるっていうじゃないですか!ひゃー。便利な世の中になりましたね。

試してみたのが、J-WAVEのコンテンツ。
スガシカオがやってる「NIGHT STORIES」という番組のダイジェスト版が聞けるのですよ。実際は2時間半やってる番組のほんの一部ですけど、シカオちゃんのしゃべりが聞けます。これがおかしいの!電車の中で聞いてて吹き出しそうになりました。
試したことのある人、いますよね?おもしろそうなプログラムあったら教えてくださいね。

番号つけてないですが、コラムも200本を越えました。
よく続いたものだと自分でもビックリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日のチョコ 2

orange今日のチョコ。

オリオール・バラゲ(スペイン)』のオレンジ。
ガナッシュにオレンジ風味を付けたチョコレートです。
チョコレートとオレンジって相性いいですよね(^^)v

ここのチョコは、すべてこういうカカオ豆の形をしているんですよ。


caramel_tarte
おまけ。
これも「サロン・ド・ショコラ」で買った、アンリ・ルルーとヨックモックのコラボレーション商品、キャラメルタルト。
ルルーはキャラメルも有名で(特に、塩バターキャラメル!)、これもタルトの中身が塩バターキャラメルです。おいしー(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日のチョコ 1

special_box_2  先週の「サロン・ド・ショコラ」で買ったスペシャルセレクションボックス。
 「セレクション・アンテナショナル」と言い、
 世界6カ国のチョコレートがセットになっている。
 スペイン・アメリカ・日本・ドイツ・イタリア・フランス、の6カ国。

 もったいないので、小出しに食べることにする(笑) 



jack_060131  今日はこれ(断面図)
 アメリカの『ジャック・トーレス』。
 ピーナッツ・バターとイチゴジャムが入っている。
 アメリカ(大味)?ピーナッツバター(劇・甘い)?と思ったが、予想に反してそれほど甘くなく、それぞれの味を打ち消すことなく、おいしかった(^^)v  

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »