« TDS その2 | トップページ | 作品展 »

No. 189 感激屋

よく読んでいただいている方ならおわかりのように、私はよく泣きます。
本でもドラマでも映画でも、ライブでも。友達が「大丈夫なの?」と心配するぐらい。

自分でも、よくもまぁ、涙が出てくるものだと思います。普段はクールなやつだと思われてますが(自分が思ってるだけか?いやふりをしているだけかも..)、いったいいつからこんなに涙もろく(よく言えば感情豊か)になったんだろうか。まぁ、小学生の頃から「赤シリーズ」見て泣いてたし.....

小曽根さんとSALTさんが書き込みしてくださって、それだけでうれしくてなかなか眠れなくなっちゃうぐらいですから。

いい音楽を聴いたりすると、五感が刺激されるのか、さらに情緒が豊かになる気がします。
先日の小曽根・塩谷Duetを聴いていて、私は五感が刺激されっぱなしでした。
みなさんはどうだったでしょうか。

最近、母親に毒を盛るとか、いやな事件がありますね。
そういう子達は、感情の起伏のない子が多いそうです。
なにがあっても感情が動かない。そして急にキレたりするらしい。
どうしてそうなっちゃうんでしょう。
子供の頃から泣いたり、笑ったりすることが少なかったのでしょうか。
そう考えると、子供の頃の情操教育っていうのかな、大事なんでしょうね。

では自分の子供時代はどうだったのか。
はて.....?どうしてこんなやつになったのか?なぜかはわからない。

音楽を聴く、本を読む、美しいものを見る、自然に触れる、そして人と話をする。
そんな当たり前のようなことが、人の心を作る、そして感情を生み出す。

感激屋でも、それはそれでいいのかな。
なにかに感動できる、というのは自分にとっては大切なことだから。

|
|

« TDS その2 | トップページ | 作品展 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144322/7254094

この記事へのトラックバック一覧です: No. 189 感激屋:

« TDS その2 | トップページ | 作品展 »